菌類

NASAとESAのクリーンルームから新種のバクテリア「Tersicoccus Phoenicis」が発見される

5950870300_0a19892b16_o


宇宙船や病院などには、殺菌処理が施され高レベルの清潔度を保っているクリーンルームがありますが、多くのバクテリアが生息できないはずのクリーンルームの中から新種のバクテリアが発見されました。しかも、この新種のバクテリアはNASAとESA(欧州宇宙機関)という遠く離れた2つの機関のクリーンルーム内から見つかっていた、という事実も判明しています。

新種のバクテリアが発見されたのは南アメリカにあるESAのロケット発射場のクリーンルーム内。ハーシェル宇宙望遠鏡の発射を2009年5月に控えてこともあり、研究者がロケット周辺を調査していたところ、過去に1度しか確認されていないバクテリアがクリーンルームで発見されました。

ESAのクリーンルーム内で見つかったバクテリアが過去に発見されたのは、2007年に火星探索機フェニックスの発射準備をしていたNASAのケネディ宇宙センターのクリーンルーム内。その後の研究によって「Tersicoccus Phoenicis」と名付けられたバクテリアは、最も近しいバクテリアと95%未満の遺伝子配列が同じものの、細胞壁などの分子構成が全く違うことがわかり、新種と認められました。

Tersicoccus Phoenicisが見つかったESAとNASAの宇宙センターは4000キロメートルも離れているのですが、発見されたのはクリーンルームという同じ環境下なので、Tersicoccus Phoenicisの生存可能環境が気になるところ。通常の環境下でもTersicoccus Phoenicisが生命活動を維持できるのかどうかは現時点で不明です。

通常クリーンルームは、温度を高く保つ・床をアルコールで拭く・空気をろ過するなどの殺菌処理が繰り返し行われるため、丈夫なバクテリアしか生き残れません。そういったことから「Tersicoccus Phoenicisは通常の環境下では生存出来ないのではないか」とコーネル大学宇宙生物学者のAlberto Fairen氏は分析しています。(GIGAZINE)2013年11月28日

スカイブルーの珍しいキノコ「ソライロタケ」

sorairotake
sorairotake4
s0613sora2
s0612sora5
mvp1210sorairotake


ソライロタケ(空色茸、学名:Entoloma virescens)は、イッポンシメジ科イッポンシメジ属のキノコ。

ソライロタケは、青色の珍しいキノコ。キイボカサタケの近縁種と見られ、混ざって生えることもあるらしい。 肉は、傷つけると黄色に変色する。 夏~秋にかけて色々な広葉樹林の地上または杉林にも発生。1つ見つかると近くを探すと他にも生えていることが多い。 小型だが、青いキノコは珍しいので分かりやすい。 柄は、傘と同じ色で中空。ねじれている事もある。菌糸は黄色いらしい。

食用とする文献はなく、色も食べたくなるような色ではないので、基本的には食べない。 このきのこは食・毒不明。(ウイキペディア)

中国雲南省で直径1.38メートルの超巨大キノコ「モウコシメジ」が見つかる

imgout (1)
imgout

2013年9月30日、中国雲南省玉渓市易門県の荘園で野生の超巨大キノコが見つかった。地元ではすでに世界最大のキノコとして申請し、認定されたという。中国大手ポータルサイト・網易(NetEase)が伝えた。

この超巨大キノコは、直径1.38メートル、高さ0.97メートル、重さ82.8キロのモウコシメジ。あまりの大きさに1人で掘り起こすのは不可能なため、数人がかりの作業になった。記者が実際のキノコを見ると、たくさんのキノコが生えていたが根元は1つで繋がっていた。

鑑定によると、このキノコは食用可能で、お酒に漬けたものは糖尿病などの疾患に効果があるという。2013年9月30日 (レコードチャイナ)

ウサギのように白い球状をした珍しい食用キノコ「ヤマブシタケ」

Hericium_erinaceus(nw-01)
hericium_erinaceus_1
Hericium_erinaceus(nw-04)
Hericium_erinaceus(jk-29577)
FD0C3FRGTCP4DLN_LARGE
156683373_orig

ヤマブシタケ(山伏茸、学名:Hericium erinaceum)は、サンゴハリタケ科サンゴハリタケ属に属する食用キノコの一種である。

子実体はかさや柄を形成せず、ゆがんだ球塊状をなし、径も高さも8-25㎝程度になる。子実体の上半部は内部に大小の空隙を有する塊状、下半部は太く長い針状突起の集合体であり、全体がほぼ白色であるが次第にクリーム色を呈し、老熟すれば淡黄褐色を帯びるにいたる。個々の針状突起は長さ0.5~6㎝、基部における太さ1~7㎜程度、柔らかくもろい肉質で折れやすい。

胞子紋は白色を呈し、胞子は類球形で無色かつ薄壁、ほとんど平滑、内部にしばしば1個の油滴を含み、ヨウ素溶液で淡灰色~暗青灰色に染まる(アミロイド性)。担子器はこん棒状をなし、4個の胞子を生じる。担子器の間には、しばしばグレオシスチジア(粘嚢状体:顕微鏡下で輝いて見える、油滴状の内容物を含んだ薄壁菌糸)が混在している。菌糸の隔壁部にはしばしばかすがい連結を有する。

夏の終わりから秋にかけ、クヌギ・クルミ・シイ・ミズナラなどの広葉樹の倒木や立ち枯れ木などの材上に生える。時に、生きた樹木の枝枯れ部などから発生することもある。材の白色腐朽を起こす木材腐朽菌の一種である。

日本・中国・ヨーロッパ・北アフリカ・北アメリカをはじめ、広く北半球温帯以北に分布しており、食材としても多くの国で人気がある。

子実体の上半部の上面からも短い針状突起を生じるものを別種として扱い、クマガシラ(Hericium caput-medusae (Fr.) Pers.)と呼ぶ研究者もあるが、ヤマブシタケの一変異形とする意見が強い。また、ヤマブシタケに酷似するが全体に橙黄色を呈するものをハナヤマブシタケ(H. botrytoides S. Ito & Otani)と呼ぶが、これは日本国内で唯一回だけ採集された稀産種であり、タイプ標本の所在も不明であるために、形態・生態についての詳細は明らかにされていない。

日本名の由来は、子実体の外観が、山伏の装束の胸の部分についている梵天(丸い飾り)に似ているためといわれる。

地方名としては「ウサギタケ」や「ハリセンボン」とも呼ばれる。また、鹿児島県の一部では「ジョウコタケ(上戸茸)」の名で呼ばれるが、乾燥したヤマブシタケが水分をよく吸うことに由来しているという[1]。

英語圏ではライオンの鬣キノコ(Lion's Mane Mushroom)、アゴヒゲハリタケ(Bearded Tooth Mushroom あるいは Bearded Tooth Fungus)、ハリネズミタケ(Hedgehog Mushroom)、アゴヒゲハリネズミタケ(Bearded Hedgehog Mushroom)、 ポンポンタケ(pom pom mushroom)などさまざまな名前を持つ。

中国では猴头菇(サルの頭キノコ)と呼ばれている。ベトナムではnấm đầu khỉと呼ばれる。

天然のほか原木栽培或いは菌床栽培による生産品が流通し、生鮮品あるいは乾燥品が入手できるようになった。栽培に用いる培地の違いや種菌の系統により、生産された子実体の含有成分には差異が生じる[2]。 神経成長因子の生産を促進させる効果を持つ物質、ヘリセノン( Hericenone )類、エリナシン( erinacine )類を含有していることから、抗認知症効果や抗腫瘍活性が期待されている。

若い子実体は食用に供することができる。食感は海鮮類に似ているが、特別な香りや味はないため、スープなどの汁物として味を含ませて用いることが多い。中国では四大山海の珍味の一つとされ、宮廷料理用の食材として珍重されたという。 非常に油を吸いやすいため、油炒めの際は注意が必要。

乾燥したものは漢方薬としても利用され、“猴頭”の名で呼ばれる。αグルカン、βグルカンなどの多糖類が含まれている。
有効であるとする研究
臨床上で有効であるとする研究結果は、いくつか公表されてはいるが、有効成分の特定・作用機序の解明・他の医薬品との相互作用・人体に対する安全性などに関する研究はいまだ不十分である。また、子実体からの成分の抽出の際に、マイクロ波による加熱を行うと、有効とされる成分が破壊されてしまう可能性があり、成分の抽出方法の有効性も十分に検討がされる必要がある。(ウイキペディア)

スポンジのような新種キノコ「スポンギフォルマ・スクァレパンツィ」ボルネオ島で見つかる

top-10-species-2011-spongebob-squarepants-mushroom_53959_big

 スポンジのような新種キノコ、スポンギフォルマ・スクァレパンツィ(Spongiforma squarepantsii)。学名はアメリカのテレビアニメ『スポンジ・ボブ(原題:SpongeBob SquarePants)』にちなんでいる。

 アリゾナ州立大学の生物種探査国際研究所(IISE)によると、発見場所はマレーシア領ボルネオ島北部のサラワク州。キノコよりも海綿に近い外見で、つぶしても元の大きさと形状に戻るという。

「生物種の盛衰について理解を深めれば、われわれの未来の保証につながる」とIISEの所長、クエンティン・ウィーラー氏は話す。「生物多様性の維持は、人類の生存にとっても重要な課題だ」。 May 30, 2012(National Geographic News)

中国南西部で正体不明の超巨大キノコみつかる

55438241

中国南西部の村で見つかったキノコが、大きな話題を呼んでいる。
雲南省の村で見つかった、白いシメジのようなキノコ。
一見、ごく普通のキノコに見えるが、驚きなのは、その大きさで、直径はおよそ1メートル、重さは15kg以上と、大人が抱えて、やっと持てるほどの大きさだという。
村人が臭いをかいでみたが、キノコの種類は不明で、食べられるかどうかも、わかっていないという。(2013/07/29)FNNニュース

南米チリ中部の海底から史上最大の新種巨大ウイルス見つかる

0130719at13_p

 南米チリ中部の浅い海底の堆積物からアメーバ類に寄生するウイルスを採取し、全遺伝情報(ゲノム)を解読したところ、DNAが約250万塩基対、たんぱく質を作る遺伝子が約2550個もあることが分かった。
 フランスのエクス・マルセイユ大などのチームが新属新種に分類して「パンドラウイルス・サリヌス」と命名。研究史上最大の巨大ウイルスとして19日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 ウイルスは自ら増殖できず、細胞の形を成していないので生物ではないとの見方もある。しかし、このウイルスは長さが1000分の1ミリ、幅が1万分の5ミリと小さめの細菌並みで、光学顕微鏡で観察できる大きさ。ウイルスの既成概念に当てはまらず、微生物の分類の見直しにつながるかもしれないという。
 巨大ウイルス探しは、2003年に発表された「ミミウイルス」の発見から盛んとなった。当初は細菌に間違えられたミミウイルスは、直径が1万分の7ミリで遺伝子が約1000個あった。
 エクス・マルセイユ大チームが11年に発表した「メガウイルス・キレンシス」はDNAが126万塩基対、遺伝子が1120個で、これまで最大とされてきたが、パンドラウイルスは大幅に上回った。(2013/07/19)時事通信社

自然では数日しか保たれない幻のキノコ「ササクレヒトヨタケ」

Coprinus_comatus2
Coprinus_comatus
Coprinus_comatus(nw-02)
Coprinus%20comatus
16650
040
-_Coprinus_comatus_-

ササクレヒトヨタケ(ささくれ一夜茸、学名:Coprinus comatus)は、ハラタケ科ササクレヒトヨタケ属に属するキノコの一種。

全体の高さ3-12㎝ほどになる中形ないしやや大形のキノコで、かさは先端に丸みを帯びた円筒形を呈し、通常は平らに開くことはなく、全長1.5-7㎝、最も太い部分の径は1-3.5㎝程度である。表面は白色・繊維状で粘性を欠き、灰白色ないしかすかにクリーム色を帯びた平たいささくれ状の鱗片が散在し、かさの縁は裂けやすい。かさの肉はきわめて薄く、もろくて柔らかく、変色性を欠き、ほとんど無味無臭である。

ひだはごく密で柄に直生ないし離生しており、薄くて比較的幅が広く、幼時は白色であるが、成熟に伴ってかさの縁から次第にピンク色を経て灰紫色となり、さらに黒変し、かさの肉とともに最後には黒インク状に液化・溶解して消え去る。この液化は腐敗によるものではなく、ササクレヒトヨタケ自身が産生する酵素の働きによる自家消化である。

柄は基部が紡錘状に膨らみ、白色で光沢があり、脱落しやすく薄い膜質のちいさな「つば」を備え、内部は管状に中空である。

胞子は楕円形で一端に明瞭な発芽孔を備え、表面は平滑、黒褐色ないしほとんど黒色を呈する。ひだの側面にも縁にも多数のシスチジア(無色・薄壁で嚢状またはこん棒状、あるいは逆フラスコ状など)を備えている。菌糸にはかすがい連結を有する。

春から晩秋にかけて、草地・庭園・畑地、あるいは路傍などの、有機質に富んだ地上に孤生ないし群生する。ときに、ウマやウシなどの糞上にも見出されることがある。代表的な腐生菌の一つである。

最近の研究によれば、本種は線虫を捕捉し、窒素源として資化する線虫捕捉菌のひとつでもあるという。

極地を除いてほぼ全世界に広く分布する。日本国内でも、各地で普通に見出される。

外観上でまぎらわしい有毒きのこは知られておらず、味もよい。海外では、「キノコ狩りの超初心者が、まず覚えるべきキノコの一つ」として扱われている。ひだが純白で黒ずんでいない「つぼみ」を主に利用するが、かさやひだが液化してしまったものであっても、柄は食用にできる。ソテーやフライ・シチューなどによく使われ、さっと茹でて温野菜サラダに加えられることもある。

なお、本種と同様にかさやひだに液化性を持つヒトヨタケは、アルコールとともに食べると一種の中毒症状を起こすが、ササクレヒトヨタケにはその危険はない。

主にウマの糞上に発生するマグソヒトヨタケは、外観が多少ササクレヒトヨタケに似るが、全体にやや小形で、かさの表面をおおう鱗片がより繊細で消失しやすいことと、胞子がはるかに大きいことで区別される。前者も無毒で、ササクレヒトヨタケと混同して食用にしても差し支えはない。

従来はヒトヨタケ科に所属し、ヒトヨタケ科およびヒトヨタケ属のタイプ種であったが、DNA塩基配列に基づく分子系統学的解析の結果、ハラタケ科に移された。

含硫アミノ酸のエルゴチオネインを豊富に含む。

最近では人工栽培も試みられ、「コプリーヌ(フランス語名に由来)」あるいは「コケシタケ(食用適期のつぼみの外観に由来)」などの商品名が与えられて市販されつつある。(ウイキペディア)

鹿児島のミカン畑でイカのようなキノコ「イカタケ」見つかる

20120911D00-IMAG2012091047524_imo_02

 イカの腕やイソギンチャクの触手を思わせる珍しい形をしたキノコが霧島市隼人のミカン畑で見つかった。その名も「イカタケ」。キノコ類に詳しい元鹿児島県立博物館長の黒江修一さん(61)は「マレーシアやベトナムなどの熱帯地方や、宮崎、熊本、沖縄などで確認されているが、鹿児島では聞いたことがなく大発見」と話す。
 発見者は同市隼人の農業西俊昭さん(64)。8日午前、所有するミカン畑へ害虫駆除に行った際、地面に不思議なものが生えているのに気付いた。「初めて見た。びっくりした」。触るとプニョプニョした弾力があり、魚が腐ったような臭いが鼻をついた。
 11日までに、1本のミカンの木の回りに高さ5~12センチの同様のキノコを12本確認。“腕”はそれぞれ12本ほどあった。イカやイソギンチャクのような形を長時間維持することは難しいらしい。(2012 09/11)南日本新聞

ボルネオ島で青いキノコの新種、大量に見つかる

new-species-dna-barcoding-borneo-blue-mushroom_59927_big

 新種と見られるイッポンシメジ属のキノコ。ボルネオ島、マレーシア領北部のキナバル山の標高約2000メートル地点で、詳細な調査を目的として採取された。

 2週間に及ぶ生物多様性調査では、約300種の菌類を収集。うち100ほどは新種と考えられている。調査チームによると、今回得られたDNAサンプルをはじめとする各種データから、キナバル山に生息する菌類の大まかな数が初めて判明するという。 (National Geographic News)October 9, 2012


お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ