鳥類

神戸市兵庫区の湊川公園でピンクと黄金色が混じったハトみつかる

sssssssss
qqqqqqq

 背中と羽の先端が黄金、首筋がピンク色…。グレーが基調の地味な群れの中で、ひときわ目立つ奇妙なハトが神戸市兵庫区の湊川公園に飛来している。鳥類の専門家は「人為的には見えないが、金色のハトは見たことがない」と首を傾げる。なぜ「黄金のハト」になったのか。調べてみた。


 そのハトを見つけたのは7月上旬。数十羽の群れに溶け込み、木陰で休んだり、仲間で追いかけっこをしたりしていた。頭やしっぽ、羽の大半は通常のドバトのグレーだが、首筋と羽の先に鮮やかなピンクと黄金色が交じる。羽を広げて飛ぶ姿は熱帯のインコのようだ。

 毎朝、同公園でハトにえさをやっている男性によると、黄金のハトが時々、飛来するようになったのは6月ごろだという。

 「出合うと、なんかええことがあるような気になる。珍しがって携帯カメラで撮影する人もおるで」

 人と自然の博物館(三田市)で鳥類を研究する布野隆之研究員(動物生態学)に画像を見てもらった。「自然な発色で、いたずらには見えない」。目の周囲の特徴からアルビノ(先天性のメラニン欠乏)ではないという。ドバトの色素は濃いグレー、白、茶色で構成され、交配でさまざまな柄や色になるが「どう掛け合わせても黄金色やピンクにはならない」。黄やピンクの色素を持つインコやオウムとの交配も「種が違うからあり得ない」と言う。

 それならば…。日本で唯一、鳥類を専門に研究する公益財団法人「山階鳥類研究所」(千葉県)に尋ねてみた。平岡考専門員は「自然発色でそんな色は聞いたことがない。レース鳩か、研究用の着色ではないか」との回答。

 日本鳩レース協会(東京都)にも聞いてみた。「レース鳩を着色することはない。第一、飼い主のいる迷いバトなら足輪をしている」。

 黄金のハトに足輪はない。手を尽くしたが、結局、鳥類の専門家らから「黄金」の謎を解明する答えを導き出すことはできなかった。

 7月以降、2回、そのハトを公園で見かけた。そのたび、何か得をしたような気分になるが、今のところ幸運は訪れていない。(2013/8/31)神戸新聞

アメリカ・マサチューセッツ州で2つの頭と3つのくちばしを持つ鳥が見つかる

article-2152709-1360F0CF000005DC-39_634x475
article-2152709-1360F0BF000005DC-149_634x438
article-2152709-1360F0BB000005DC-367_634x613

アメリカ・マサチューセッツ州・ノーサンプトンのある家の庭で、2つの頭と3つのくちばしを持つ奇妙な鳥が発見されました。

4月にブリットさんの自宅の裏庭で発見されたというこの鳥には、2つの頭と3つのくちばしがあったといいます。

地面に落ちていたところを発見されたこの鳥は、写真の撮影後、猫などの動物に襲われないように木の高い場所に置かれたといいます。

しかし翌朝には、鳥の姿はどこにも見当たりませんでした。

専門家によると、こういった鳥を発見すること自体が非常に珍しいケースだそうで、この鳥が生きていくことは非常に難しいといいます。親鳥は、こういった子鳥を育てることを放棄するそうで、その後は自分で生きていけなければ死んでしまうといいます。

こういった奇形が発生する原因としては、親鳥の栄養状態が悪かったり、妊娠中にケガをすることで発生するといいます。(コモンポスト) 2012年6月6日

長野県阿智村で民家の軒先に体毛が灰色のツバメのひな見つかる

PK2013062602100142_size0


 阿智村伍和、農業大嶋正男さん(60)方の軒先にあるツバメの巣で、体毛が灰色のひな一羽=写真(左)=が、ほかの二羽のきょうだいとともに、元気よく動き回り、巣立ち間近になっている。

 大嶋さんによるとツバメは例年通り飛来してきて営巣。今月上旬くらいから鳴き声が聞こえ始めた。巣が高いところにあり、最初は姿が見えなかったが、最近になって巣の外に身を乗り出すようになり一羽だけ灰色なのが分かったという。

 親鳥は、餌の虫などをせっせと巣に運び、懸命に子育て。三羽のひなたちは、親の気配を感じると、くちばしを必死に伸ばして餌を求める、かわいいしぐさを見せ、大嶋さん家族も優しく見守っている。

 記者が撮影したひなの写真を見た飯田市美術博物館専門研究員で鳥に詳しい山田拓さんは「喉元のくり色の胸毛や巣の形状から見てツバメのひなに間違いない。長年、ツバメも観察しているが、灰色の個体は珍しい」と話した。2013年6月27日(中日新聞)

カンボジアで頭部が赤い新種の鳥「カンボジアサイホウチョウ」見つかる

55c7c_1351_81079fe9_ddf780b9

特徴的なオレンジ色がかった赤色の羽毛を頭部に生やした新種の鳥が、カンボジアの首都プノンペン(Phnom Penh)で発見された。自然保護活動家らが26日、発表した。

「カンボジアサイホウチョウ(Cambodian tailorbird)」(学名:Orthotomus chaktomuk)と名付けられたこの鳥が、人口150万人の大都市プノンペンの市内や郊外の建設現場など複数の場所で発見されたことに、保護活動家らは驚きの声を上げている。

「大都市圏内で新種の鳥が現代になって発見されるのは、珍しい。とても驚いている」と、自然生物保護協会(Wildlife Conversation Society、WCS)のサイモン・マフッド(Simon Mahood)氏はAFPに語った。

 喉元の羽毛は黒色で、体の大きさは、よりありふれたスズメ目の小鳥ミソサザイと同程度。市内低地のうっそうと茂った低木林や、市郊外の氾濫原に生息していたため、これまで発見されなかったのだろうとWCSは述べている。

「特徴的な羽毛と大きな鳴き声」で知られるこの鳥は、WCSやバードライフ・インターナショナル(BirdLife International)などの保護団体の科学者らが発見した。

 マフッド氏によると、調査チームは昨年6月に鳥の調査を始めた。生息圏が大都市にもかかわらず、今のところ絶滅の恐れはないという。

 だがWCSは、農業と都市部の拡大により「生息地が減少している」として、国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature、IUCN)のレッドリスト(Red List)における「準絶滅危惧(NT)」に分類するよう推奨している。

 WCSの鳥類保護調整担当者、スティーブ・ザック(Steve Zack)氏は「保護に必要なものを判断するために、分布と生態」についてのさらなる調査が必要だと語った。(c)AFP【2013年6月26日】

山梨県身延町の波木井山円実寺で、真っ白なツバメのヒナみつかる

20130607-739967-1-L

 山梨県身延町波木井の波木井山円実寺で、真っ白な羽を持つ珍しいツバメのヒナの姿が見られ、近所の話題となっている。

 同寺の軒先には五つの巣があり、白いヒナは5月下旬、2羽誕生した。同寺では5年ほど前から毎年のように白いヒナが確認されているが、2羽同時は初めてのことという。

 遊亀公園付属動物園(甲府市)の獣医師、秋山多江さんによると、原因は突然変異とみられ、「羽を黒くする遺伝子が欠けているのでは。白いと天敵に見つかりやすく、生き延びることが難しいため、珍しい」と話す。

 巣には5日、白いヒナが大声で鳴いて親鳥から餌をねだったり、昼寝をしたりする姿が見られた。ヒナは近く巣立ちを迎えるといい、同寺では「白いツバメは縁起がいい。元気に大空を飛び回ってほしい」と話していた。(2013年6月7日11時25分 読売新聞)

インドネシア・バリ島で新種のフクロウ「リンジャニコノハズク」見つかる

0130215at31_p

 インドネシア・バリ島の東隣にあるロンボク島で、「ポク」や「プーク」と聞こえる鳴き声が地元民に知られていたフクロウが新種と分かったと、スウェーデン自然史博物館などの国際研究チームが米科学誌プロス・ワンに発表した。
 ロンボク島のさらに東にあるスンバワ島やフローレス島などに生息するコノハズク類の一種と近縁だが、ロンボク島固有種と考えられるという。
 ロンボク島にはインドネシアで2番目に高い火山のリンジャニ山(標高3726メートル)があり、この新種は2003年以降の調査で標高25メートルから1350メートルまでの範囲で分布が確認された。腹側の茶色い羽毛に白い羽毛が交ざった姿がどの個体も似ており、かつての大噴火の際にわずかに生き残った集団の子孫かもしれないという。
 研究チームは学名とは別に、通称を「リンジャニコノハズク」と呼ぶよう提案した。(2013/02/15)時事通信社

沖縄で突然変異で色素が抜けたアルビノスズメ見つかる

e516fb93008eb0fadbd649e86b9d9e3a8a478d21_20_2_9_2

全身を白い羽毛で覆われた「白スズメ」とみられる鳥が南風原町大名の解体業事務所に迷い込み、隣に住む愛鳥家の前原信隆さん(73)宅で保護されている。沖縄野鳥の会の山城正邦会長によると、突然変異で体の色素が抜けたスズメのアルビノ(白化個体)で、発見されるのは珍しいという。
 「白いスズメ」とみられる鳥が発見されたのは5月11日朝。解体事務所の職員が捕獲し、愛鳥家で知られる隣家の前原さんに託した。許可を得てメジロを飼育するなど鳥に詳しい前原さんが見たところ、右足などにけがを負い、弱っていたため保護したという。
 最初は餌を与えても食べず、前原さんがくちばしを広げ、餌を与えるうちに元気を取り戻し、体長10センチにまで成長した。幼いころから鳥好きの前原さんは「鳴き声はクラーグヮー(スズメ)。メジロの突然変異は見たことがあるが白いスズメは初めてだ。けがが治ったら自然に返す」と語った。野鳥の飼育は認められていないため、前原さんは県自然保護課と調整し放鳥する予定だ。(2012年5月30日)琉球新報


純白で目の青いアルビノカラス、島根で見つかる

OSK201211190083
OSK201211190082

 純白で目の青いカラスが、島根県大田市の里山に出現。うわさを聞いた野室庸司さん(68)=益田市=が2日間の張り込みの末、撮影に成功した。

 血液のせいか、くちばしや胴体は少しピンクがかって見えるが、翼はほぼ純白。野室さんは「とにかくきれいだった」と驚く。

 日本鳥類保護連盟によると、ハシブトガラスの突然変異らしいが、「ここまで真っ白なのは見たことがない」。山積する人間界の諸問題に、早く白黒つけよと命じる天の使者か?(2012年11月19日)朝日新聞デジタル



閲覧注意の大量の穴「ドングリキツツキ」

middle_1286832036
d7089a8b
AcornWoodpecker
orig_0387220100615071429


ドングリキツツキ(団栗啄木鳥、学名:Melanerpes formicivorus)は、キツツキ目キツツキ科の鳥。
北アメリカから中央アメリカにかけて分布する。

全長20cm。

森林に生息し、群れで縄張りを構えて生活する。枯れ木に大量の穴をあけ、その中に餌であるドングリを一個ずつ貯蔵する習性をもつ。そのほか、昆虫類や果実も採食する。(ウイキペディア)


全長6cm体重2g!世界で一番小さい鳥「マメハチドリ」

_MJD0338
11
bee%20hummingbird
hummingbird
11111


マメハチドリ(豆蜂鳥、学名:Mellisuga helenae)は、アマツバメ目ハチドリ科に分類される鳥類の一種。

全長4~6cm、オスがやや小さい。体重2gと鳥類の中で最小、最軽量。また、卵も同様に鳥類一小さく、最軽量で、長さ6・5mm、重量約0・3g。

山地から海岸にかけての湿原の森林に生息する。
花の蜜や昆虫、クモなどを食べる。チョウやハチなど、花蜜食の昆虫と花の蜜をめぐって争うことがある。

巣づくり、抱卵、子育てはメスだけが行う。1秒間に50~80回羽ばたかせる、ホバリング(停空飛翔)ができる。ただしホバリングは激しい運動であるため栄養価の高い花の蜜を吸い、栄養を蓄える。(ウイキペディア)

お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ