哺乳類

超巨大な毛玉のようなウサギ「アンゴラウサギ」

a49dd7b6-s
cfe4b392-s
43c194c1-s
8ca8d042-s
5df97e74-s
1b7fbfce-s

その中心部をよ~く見ると……なんとそこには鼻と口らしきものがあるではありませんか! ひいい! なにコレ、地球外生命体かなにか!?

いえいえお嬢さん、海外サイト『Ritemail』によると、こちらは「アンゴラウサギ」というウサギの仲間。そうです、信じられないでしょうが、あの可愛らしいウサギたんの仲間なんですよぉ~! 

高級セーターやコートなどに、その”ふわっふわ”な毛が利用されていることで有名な、アンゴラウサギ。「アンゴラウール」と聞けば、ピンとくる方もいらっしゃるのでは?

気質はとても大人しく、人形のようにまったく動かない子も多いというアンゴラウサギたんだけに、その姿はまるで鏡モチのよう。というか、いくらなんでもまんまるすぎるでしょ、コレは。ねえねえキミたち、一体どこまでが毛で、どこからが体なの?

思わず触れたくなるモフモフ加減がたまらない、アンゴラウサギたん。可愛くもちょっぴり不気味なその姿に、目も心も奪われちゃうこと、必至ですわよ。2013年10月21日(エキサイトニュース)

鳥取県の農家で雌の白いタヌキ1匹が箱わなにかかる

001

 鳥取県南部町東上の農業、奥山俊二さん(62)の牛舎で15日夜、雌の白いタヌキ1匹が箱わなに入っているのが見つかった。奥山さんは「過去にもタヌキは捕らえたが、白タヌキは初めて」とびっくり。殺すのは忍びないとして引き取ってくれる動物園を探している。

 タヌキを調べた町内在住の自然観察指導員、桐原真希さん(39)によると、色素の減少で体毛が白化した白変種で、まだ若いらしい。けがも見られず、体調も良好という。

 箱に入ったタヌキは尾を除いた体長が約40センチ。牛用の配合飼料を食べ、観念したようにうずくまっている。フンには柿の種があり、冬を控えて餌探しをしていたらしい。奥山さんは「我が家に幸せを運んでくれたのならうれしい」と話している。

 奥山さんは9日、牛舎に白いタヌキが入ってきたのを目撃、牛に病気を移されないよう捕獲のため箱わなを仕掛けていた。(毎日新聞)2013年10月16日

23cm!!世界一毛の長い猫「ミャウ大佐」ギネスに登録

01_m
top_m


「ミャウ大佐」と呼ばれるネコが、最も長い体毛をもつ家ネコとして、ギネスブックに登録された。長さは23cm。

2歳のヒマラヤネコ。自前のサイトとSNSのアカウントを持っており、フォロワーは200万人と、ネットの世界では既にスター。リア・ノーボスチが伝えた。

人気の秘密はふわふわの毛。風変わりな色と毛の様子から、なにやら恐ろしい、好戦的な感じを受ける。ゆえに大佐と名づけられた。

3人の獣医がそれぞれ独立して計測を行い、その後ギネスブックの専門家が確認した。結果、世界一毛の長いネコとして登録されることが決まった。9月版に掲載される。29.08.2013(ロシアの声)

トルコの大学で暗闇の中で緑色に光るウサギ誕生

dd6ea540

トルコの大学などの研究チームが、暗闇の中で緑色に光るウサギを誕生させることに成功した。

蛍光ウサギを作り出したのはイスタンブール大学とハワイ大学の研究チーム。トルコの研究室で、クラゲから抽出したタンパク質をウサギの胚に注入した。

この胚から生まれた8匹のうち、2匹が蛍光ウサギで、残る6匹は光らない普通のウサギだったという。

研究チームはこの成果について、遺伝子などの研究に役立つと説明している。2013.08.16(CNN)

南米アンデス山脈で35年ぶりに新種の哺乳類「オリンギート」見つかる

olingo-mark-gurney-02
4Olinguito_ZooKeys_324,_solo

 子グマのようなかわいい顔の新種――。米スミソニアン協会は15日、アライグマ科の動物「オリンゴ」に似た新種「オリンギート」を認定したと発表した。

 南米アンデス山脈に生息しており、これまではオリンゴの一種に分類されていた。スミソニアン自然史博物館の研究チームが10年がかりで骨格やDNAを分析。現地調査を経て、新種と認定した。食肉目の哺乳類の新種認定は米州で35年ぶりという。

 果物や昆虫を食べ、樹上で生活する。オリンゴよりも一回り小さく、平均体長は約35センチ、体重約900グラム。顔は丸みを帯びており、体毛は赤茶色。夜行性で樹上から下りることがほとんどないため、見つけにくいという。研究チームは南米に数千匹が生息すると推定している。(2013/8/16)日本経済新聞

世界で唯一の茶色と白色の珍しいパンダ「七仔(チーザイ)」中国で公開

CI0003
chn13080616230006-p5
chn13080616230006-p3
chn13080616230006-p2

 茶色と白色の珍しいパンダが中国陝西省西安の珍希野生動物救護飼育研究センターで公開されている。茶色のパンダは1985年以降、計5頭の存在が確認されているが現在、飼育・公開されているのは世界で唯一という。

 同センターなどによると、パンダはオスで、2009年11月、センターがある秦嶺山脈の自然保護区内で発見された。通常は黒色の部分が茶色で、突然変異とみられる。発見当時は1歳未満で、「七仔(チーザイ)」と命名された。現在は“大人”になり、来年から繁殖を予定している。同センターの職員、白緒祥さん(40)は「茶色の2世が生まれることを期待している」と話していた。

 陝西省は四川省と並ぶパンダの二大生息地。現在、日本にいるパンダはいずれも四川省にルーツを持つ。陝西省のパンダは四川省と比べ、鼻口部が短いのが特徴とされる。2013.8.6(MSN)

千葉県の観光牧場「成田ゆめ牧場」で額にハートマークの模様があるウシ生まれる

chb13062522190004-p1

 千葉県成田市の観光牧場「成田ゆめ牧場」で、額にハートマークの模様がついたウシの赤ちゃんが誕生した。ベテランの牧場スタッフも「これほどきれいなハート形の模様は見たことがない」と驚いている。

 「あと」と名付けられたジャージー牛の赤ちゃんは23日に誕生。茶色い体の額の中央に、白いハート模様がくっきりと浮かんでいる。

 同牧場では、生まれたばかりの動物の赤ちゃんも一般公開している。2013.6.25(産経ニュース)

世界で唯一確認されていたアルビノのゴリラ「コピート・デ・ニエベ」

2003 4
783403333_c0f0352cf8_b
img_731311_46379004_0
14

コピート・デ・ニエベ(スペイン語:Copito de Nieve, カタルーニャ語:Floquet de Neu; 1963年もしくは1964年 - 2003年11月24日)は、スペイン、バルセロナのバルセロナ動物園にいたアルビノのオスのニシローランドゴリラ。先天的な色素欠乏のために全身の毛の色が白かったことから、「小さな雪片」を意味するコピート・デ・ニエベ(カタルーニャ語ではフロケット・デ・ネウ)の名で呼ばれた。37年にわたり、バルセロナ動物園のマスコットとして人気を集めたゴリラである。

1966年10月1日、スペイン統治下の赤道ギニア、リオムニのジャングルで、プランテーションを荒らしたとしてゴリラの群れが殺された。この際、死んだ母親に真っ白な子どものゴリラがしがみついているのが発見された。ファン族のベニート・マニエ(Benito Manie)はこの子ゴリラをンフム・ンギ(Nfumu Ngui, ファン語で「白いゴリラ」の意)と呼んで持ち帰った。4日後、この子ゴリラを売りに来たマニエからジョルディ・サバタ・ピー(Jordi Sabater Pi)が15,000ペセタで購入する。サバタはカタルーニャ出身で、バルセロナ動物園から赤道ギニアのイクンデに派遣されていた動物行動学者であった。
子ゴリラが環境の変化に慣れるためイクンデで1ヶ月過ごす間、サバタはかつてリオムニでゴリラのフィールド調査を行なっていたチュレーン大学の霊長類学者アーサー・リオペル(Arthur Riopelle)とコンタクトをとった。話を聞いたリオペルは自らのゴリラ研究のスポンサーとなっていたナショナルジオグラフィック協会に知らせ、同協会はリオペルとナショナルジオグラフィック誌の記者であるポール・A・ザール(Paul A. Zahl)をイクンデへ派遣、写真入りのレポート記事を書かせることとした。
1966年11月1日、白い子ゴリラはバルセロナ動物園へ到着した。翌年3月、リオペルとザールは「スノーフレイク、世界初の白いゴリラ(Snowflake, the world's first white gorilla)」のタイトルでナショナルグラフィック誌に記事を掲載、これによってゴリラは「雪片」(スノーフレイク)を意味するコピート・デ・ニエベ(フロケット・デ・ネウ、以下コピートと略)の名で知られることとなった。
3頭のメスとの間に21頭の子をなしたが、子や孫に白い体毛は遺伝していない。コピートの子や孫はバルセロナ動物園やシュトゥットガルト動物園などにいる。福岡市動物園の1981年生まれのオス、ビンドゥン(Bindung)もコピートの子である。
2001年、コピートは皮膚がんと診断された。2003年9月、その寿命が残り少ないことが公式に報じられ、同年11月、病状が改善する見込みがないとして動物園はコピートを安楽死させた。38歳から40歳だったと推定されている。(ウイキペディア)

カザフスタンで3つの眼と8本の脚をもつ子羊が生まれる

904_x_large
80201

パヴロダル市(カザフスタン、パヴロダル州の行政の中心地)郊外の民家で、3つの眼と8本の脚をもつ子羊が生まれた。水曜、インターファクス通信が伝えた。
「一歳の子羊は自力で生まれることが出来なかったため、帝王切開することになった。後頭部に第3の眼を見つけたときは驚いた。そしてそいつには8本の脚があった」と家畜の所有者クアンドゥイク・ベキタエフさんは語っている。

ベキタエフさんによると、本当は双子として生まれる筈だったものが、エコロジーの悪化のために奇形になったのだ、という。

「これは人類への警告である、と私は思う」とベキタエフさん。

「モンスター」の所有者は、この生まれてきたものをどう処理するか、決めかねている。埋葬するか、「エコロジーについて考えなければ、我々を何が待ち受けているか、皆に示すため」防腐処理を施すか。13.03.2013(ロシアの声)

世界一美しい馬といわれる品種「アハルテケ」

9fP3v
akhal-teke
e0063212_21353739
dun_akhal_teke_5_by_venomxbaby
boardturkakhalteke5

アハルテケ( Akhal-Teke 、トルクメン語: Ahalteke, IPA: ahalˈtеkje 、ロシア語: Ахалтеки́нец )は、国章にあしらわれているトルクメニスタン原産の馬の品種 [1] 。スピードと長距離の持久力で知られる「黄金の馬」は、過酷な気候に適応し、現存する最古の馬種のひとつと考えられている。現在世界で約 3,500 のアハルテケが、トルクメニスタン、ロシアの他ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカでも育成されている。
この品種はロシアで人気となり、国立牧場で育成繁殖が確立した。多くのアハルテケが北コーカサス山脈のテルスク牧場で生産され、後にダゲスタン牧場にヘッドブリーダーのウラジミール・ペトロヴィチ・シャンボラント Vladimir Petrovich Chamborant (露: Владимир Петрович Шамборант )と移った。

アハルテケは通常体高14.2ハンドから16ハンドで、鮮明な金属光沢のある金色の河原毛や、月毛の個体で有名である。しかし他の毛色も認められ、鹿毛、青毛、栗毛、佐目毛( cremello, perlino )、芦毛も発現する。アハルテケを最も明白に定義付ける特徴は、その被毛の自然な金属光沢である。「きらめき」は特に明るい鹿毛や月毛、河原毛で見られる。この色パターンは砂漠でのカモフラージュとして機能したと考えられている。河原毛と月毛を生じさせるクリーム色遺伝子が、時に佐目毛を生じさせる希釈遺伝子となっている。アハルテケは、薄墨毛あるいは粕毛遺伝子は持たないと考えられている。
アハルテケは真っ直ぐか僅かに凸面の素晴らしい頭部と、長い耳、アーモンド型の眼を持ち、たてがみと尾は通常まばらである [5] 。長い背中は軽く筋肉質で、平らな尻と長く直立した首につながっている。アハルテケは傾斜した肩と薄い皮膚をしていて、強く丈夫で申し分のない四肢を持っている。胸は深く、グレイハウンドの馬版ともいうべき細い体躯と胸郭がある。これは長距離の持久力のために改良された馬に特有の形態である。アハルテケは活発敏捷で、ひとりの人間にだけ懐くと言われている。
この品種は、十分な食物や水なしで生活しなければならないトルクメニスタン地方の過酷さに適応し、タフで丈夫である。これはこの馬をスポーツ向けにもした。1935年、トルクメン人の騎手団がアシガバートからモスクワまで2,500マイルを84日で走破したのが示したように、この品種には大きな持久力がある。この行路には235マイルの砂漠を含んでいたが、水なしで3日で横断した。アハルテケは障害飛越競技馬としてそのフォームと優美さでも知られている。

この品種の祖先は、多くの名で呼ばれるが通常ニサエアン種 Nisaean horse (en) として知られる3,000年前に生息していた動物に遡れる可能性がある。しかしながら、およそ西暦1,600年以前には現代的な意味での馬の品種は存在せず、地域毎の系統やタイプで特定されていたので、正確な祖先を辿るのは困難である。
いくつかの説によると、アハルテケは彼らの部族民に隠されていた。この品種が最初に出現した地域、トルクメニスタンのカラクム砂漠は、山に囲まれた岩が多く平坦な砂漠である。しかし他の説では、この馬は13、14世紀のモンゴルの侵略者の馬の子孫であると主張している。
この品種はかつて近隣のイランで飼育されていた絶滅したトルコマン種 Turkoman Horse (en) と非常に類似している。一部の歴史家はこの二つが同じ品種の異なる系統であると見なしている。影響力のあるアラブ種がこの品種の原型でもあったのか、あるいはこの品種から発展したのかという「卵と鶏」の問題が論じられている。いわゆる「温血種」、アラブ、トルコマン、アハルテケ、バルブがすべて、一つの「東洋種」の祖先から発展したという可能性もある(馬の家畜化 (en) 参照)。
当初トルクメニスタンの部族民は、襲撃のためにこの馬を用いた。彼らは選択的に馬を育成し、口碑を通じて血統の記録を残した。この馬はロシア人に「アルガマク」 "Argamaks" (露: "Аргамак" )と呼ばれ、遊牧民に大切に育てられた。
1881年、トルクメニスタンはロシア帝国の一部となった。部族はツァーと戦い、結局敗れた。ロシアの将軍クロパトキンは、部族民との戦いで見たこの馬へ愛着を抱き、アハル・オアシス近辺で暮らしていたテケ・トルクメン部族との戦争の後に育成牧場を設立し、この馬の名前を「アハルテケ」に変えた。1941年、ロシアで 287 の種牡馬と 468 の繁殖牝馬を収録した最初のスタッドブックが出版された。
アハルテケは、おそらく三大始祖の1頭バイアリーターク(アハルテケ、アラブあるいはトルコマンの可能性がある)を通じたサラブレッドなど、数多くの品種に影響を与えた。リスターターク Lister Turk 、ホワイトターク White Turk 、イエローターク Yellow Turk として知られている3頭の他の種牡馬もサラブレッドの基盤に貢献した。またトラケナーもアハルテケに影響されている。特に種牡馬トルクメンアティ Turkmen-Atti は、ロシアの品種ドン Don 、ブジョーンヌイ Budyonny 、カラバイア Karabair 、カラバフ Karabakh に影響を与えた。
地元のトルクメン人は食べることを拒否したが、ソビエト連邦は食肉用の虐殺を要求し、この品種は大きな打撃を受けた 。僅か1,250頭の馬だけが残り、ソビエト連邦からの輸出は禁止された。トルクメニスタン政府は現在、馬の育成プログラムのために数頭を競売にかける他は、外交上の贈り物にこの馬を使っている。中央アジアでは牡馬の去勢は行われていない。
20世紀初頭には、速い長距離競走馬の作出を意図してサラブレッドとアハルテケの交配が行われた 。しかしながらアングロアハルテケは先祖のアハルテケほど丈夫ではなく、その多くが中央アジアの厳しい気候のために死んだ。純血種が系種より非常に良い結果となった1935年のアシガバートからモスクワへの2,600マイル耐久レースの後、スタッドブック・マネージメントは1936年以降に生まれた全ての交雑馬を純血種と認めないことを決定した。その日以前に生まれたサラブレッドを祖先とする馬はスタッドブックに残すことが認められた(例: サラブレッドの Burlak の孫 044 Tillyakush 、あるいはサラブレッド Blondelli の孫娘でサラブレッド Junak の曾曾孫娘 831 Makh )。1973年以降、純血を保護するために、すべての仔馬はスタッドブックへの受付に血液型判定が義務付けられた。スタンダードタイプの馬を産出しない種牡馬は淘汰される。スタッドブックは1975年にクローズド( w:en:Closed stud book )とされた。

古代品種の遺伝的優位のため、アハルテケが新しい品種、ごく最近のネズパース種 Nez Perce Horse (en) (アパルーサ×アハルテケ)を開発するために使われた。アハルテケはその自然の運動能力のために、偉大なスポーツホースとなり、馬場馬術、障害飛越、馬術競技、競走、エンデュランスの乗用に適している。
そうした偉大なスポーツホースにアハルテケ牡馬アブセント Absent がいた。ローマでの1960年夏季オリンピック大会において、セルゲイ・フィラトフの騎乗で馬場馬術に勝利したのは8歳のときだった。1964年東京オリンピックでは再びフィラトフと銅メダル、1968年メキシコオリンピックではイヴァン・カリタとソビエトチームに金メダルをもたらした 。

いくつかの遺伝子疾患がアハルテケ・ブリーダーに懸念される。この品種の遺伝的多様性は 30 – 50% AVK と比較的低く、これら形質の保有個体の増加への対処や、インブリーディングによる衰弱への若干のリスクにさえ懸念をひき起こす。現在のところ、これらの状況に対する DNA 鑑定方法は存在しない。
正確な遺伝パターンはまだ確かめられていないが、 Naked Foal Syndrome または Hairless Foal Syndrome は恐らく常染色体で、劣性致死遺伝子である。ベルジアンと、同様な性質で別の状態が識別されるアメリカン・サドルブレッドで見られる繋表皮水泡症( JEB )とは同一ではないが、類似した臨床徴候が現れる [13] 。この疾患は、仔馬が被毛、たてがみ、尾なしで生まれる原因となる。場合によっては前歯が出生時から、あるいは臼歯が正常なあごから異常に成長する。他の徴候には、持続性の下痢、頻繁な消化障害、蹄葉炎に似た治療困難な蹄骨のねじれがある。正常な皮膚保護の不足による二次徴候に、夏の日焼けのひどい状態に似た鱗片、乾燥、皮膚炎、冬の間の頻繁な肺感染症がある。NFS は致命的で、稀には2歳まで生き残るが大部分の仔馬は誕生後数週間以内に死ぬ。通常初期の死亡は消化器の問題に起因するが、年上の馬は蹄葉炎によって誘発されるひどい痛みのため、安楽死させる必要がある。この症例は1938年という早い時期にアハルテケ種において記録された。限られた育成数にもかかわらず、裸の仔馬はこの品種が見られるあらゆる国で生まれた。943 Arslan 、736 Keymir 、2001 Mariula 、1054 Gilkuyruk を含む約 35 のキャリアが確認されたが、複数のロシアやトルクメンのブリーダーが、多くの NFS の仔馬が単なる死産や流産として報告されると認めており、恐らく未知のケースの数は極めて多いと推測される 。
遺伝性潜在精巣はアハルテケ種の中で非常に多く見られ、多くのケースはこの疾患の種牡馬が複数世代遡れる場合に存在する。この品種の専門家によれば、有力な基礎種牡馬 2a Boynou は潜在精巣だった。他には 779 Peren 、1248 Orlan 、971 Khalif 、Garayusup に潜在精巣が確認されている 。1069 Kortik は3頭の潜在精巣の息子を生産した。大部分のヨーロッパ、多くの北アメリカの生産者団体とは異なり、ロシアでもトルクメニスタンでも潜在精巣を繁殖から除外しない。潜在精巣は健康と問題気質、例えば精巣癌と悪質なふるまいに関連があるとされている [18] 。影響を受けた馬は、去勢の際に著しく高いコストが掛かる。
サラブレッドを含む多くの品種で見られる腰麻痺はアハルテケで増加していると考えられている。懸案事項は、頚部脊椎奇形( CVM )として知られている形で、これはある程度離断性骨軟骨炎( OCD )にも結びつくかもしれない。腰麻痺に遺伝的構成要素は存在するが、特定の形態の首をしたアハルテケの育成などの要因や、若駒の強制的な成長、より大きなサイズ管理も影響している可能性がある。
アハルテケは、変性繋靭帯炎 (Wikiversity:en:Degenerative suspensory ligament desmitis) ( DSLD )の傾向があるいくつかの品種の一つである 。棘突起接触症として知られている症状もある 。(ウイキペディア)
お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ