果物

平べったい桃「ドーナツ・ピーチ」蟠桃(ばんとう)

peach
peche-plate
None
b0163695_6271879

日本の白桃に似ており非常に甘みが強い。完熟すると、手で簡単に皮を向けるので、Easy Eater Peacheとも呼ばれる。Flat peachの原産は中国で、その平べったい形状からDonut peach(ドーナツ・ピーチ)などとも呼ばれる。日本では蟠桃(ばんとう)という名前で売られており、非常に高額である。

青森県の農業高校の女子高生5人の作った「白いリンゴ」

TKY201003230106
photo

 リンゴの産地、青森県の農業高校の女子高生5人の作った「白いリンゴ」が注目されている。「白いままでは甘くない」という農家の先入観を打ち破り、甘さもたっぷり。収穫後の変色の問題も解決し、大学や国主催のビジネスコンテストの高校部門でトップ賞を受賞した。5人は今春卒業だが、高校の後輩が研究を引き継ぎ、商品化を目指す。

 京都大が昨年11月に開いた「テクノ愛’09 発明&事業化プランコンテスト」。約300点の応募があった高校の部で、白と他の色のリンゴを組み合わせた贈り物「メッセージ・アップル」がグランプリに輝いた。手がけたのは、リーダーの梅田愛さん(18)ら青森県立名久井農業高校(南部町)3年の生活科学科4人と生物生産科の1人だ。

 白と赤のリンゴは「卒業祝い」、フレッシュなイメージのある入学や就職祝いは白と青リンゴの詰め合わせ、といった具合だ。審査委員長の松重和美・京都大大学院工学研究科教授(電子工学)は「白いリンゴの技術面と、色を使って気持ちを伝えるというアイデアに事業化の可能性が十分ある」と評価する。

 「メッセージ・アップル」は今年2月、経済産業省東北経済産業局主催の「地域の魅力発信アイデアコンテスト」でも高校部門50点から大賞になった。

 5人が白いリンゴに取り組み始めたのは昨春。授業の自由研究のテーマ選びで、メンバーの1人、佐々木愛美さん(18)が、テレビで見た白いイチゴを話題にしたことがきっかけだった。

 リンゴの実は太陽光の紫外線を受けて赤くなる。実に袋をかぶせて白いままにし、大きくしてから葉を摘んで太陽光を当てて赤色を出す製法もあるが、リンゴ農家や高校の関係者らには「白いと甘さが落ちる」との考えがあった。

 5人も白くすることだけを考えて味には期待していなかった。しかし、袋をかけたまま葉を摘まなかったところ、驚くほどの甘さに。白いリンゴには収穫後、赤や黄に変色する欠点があるものの、新聞紙に包み、さらに真空パックにすることで約2カ月間、白いままで保存できた。地元農家からは「作り方を教えてほしい」という問い合わせも相次いでいるという。

 5人は卒業後、リンゴ栽培と関係ない道に進む。メンバーの佐藤絵梨香さん(18)は「反応や反響が大きくてびっくり。でも、全国に白いリンゴが特別な贈り物として広まって食べてもらえたらうれしい」と、商品化を後輩に託す。(2010年3月23日)asahi.com

双子のアールスメロンが愛知県蒲郡市の農家で実る

PK2013062802100003_size0


 二玉の実が側面でくっついた“双子”のメロンを蒲郡市清田町、農業井ノ口春二さん(65)が収穫した。趣味で十年ほど続けてきた栽培で“双子”は初めてという。

 品種はアールスメロンで、幅は二十センチ、高さ十二センチ。お尻のような形をしている。ネット(表面の網目)の出方もまずまずで、亀裂も入らずに収穫にこぎつけた。

 井ノ口さんは六十平方メートルのハウスでメロンを自家用に栽培している。一本の枝に二つの花が咲くことは時たまあるが、受粉しても果実ができないことがほとんど。「こんなにうまくは二度と作れないと思う」と井ノ口さん。一週間ほど追熟させて、家族で食べるという。2013年6月28日(中日新聞)

福井市の特産品である黄金のスイカ「金福(きんぷく)すいか」

020
023
o0600080312062487424

PK2013062102100165_size0

 福井市の特産品である小玉スイカ「金福(きんぷく)すいか」の収穫が二十一日、福井市末広町の農業野村幸弘さん(59)方のビニールハウスで始まった。
 市によると、黄金色をしている外観の見た目と、市民の健康と幸福などを願って「金福」と命名された。果肉は赤色で、すっきりした後味とまろやかな甘さ、シャリシャリとした食感も魅力だ。
 今年から栽培を始めた野村さんは「つるを取る作業が大変だった。それなりに大きいものができた」と収穫期を迎えてひと安心の表情。金福すいかは主に、県内のスーパーマーケットなどに並べられる。中日新聞(2013年6月22日)

果肉まで真っ赤なリンゴ、スイスで開発

entry-489


見た目は普通のリンゴ、でもひと口食べるとビックリ! なんと果肉まで真っ赤なリンゴが誕生した。イギリスのニュースサイト『デイリーメール』が16日に伝えたもので、煮ても焼いても色が変わらないという。

『Redlove』と呼ばれるこのリンゴは、スイスの果樹栽培業者・Markus Kobertさんが20年の歳月をかけて開発したもの。9~12月頃に収穫される『Era』と、8~10月に収穫される『Sirena』の2種があり、春頃には美しいピンクの花を咲かせる。

味はほんのりベリーのような甘酸っぱさで、一般的なリンゴよりも抗酸化物質を多く含んでいるためヘルシーなのだとか。料理に使ったり、ミキサーにかけたりしてもそのままの色を保ち、空気に触れても変色しないのでサラダにももってこいだ。

種や苗木を販売する英『Suttons』社によると、『Redlove』の苗木にはすでに1500件以上の注文がきているそうだ。同社の広報担当者は「このリンゴは世界で初めての“果肉まで赤いリンゴ”。このリンゴが誕生したことによって料理の幅も広がるだろう」と話している。

ちなみに遺伝子操作はしておらず、自然栽培されたものだという。同国内では2~3年後に、スーパーマーケットでの販売がスタートする見通しだ。2010年7月19日(ロケットニュース24)

幹に直接開花し、結実する「ジャボチカバ」

124641635736416218074_DSC07062_20090701114556
Jabuticaba-4e0e0d51a119e_hires
DSC04920
d0061395
BXK47991_jabuticabeira800
5342043
1349968-164258-1280


ジャボチカバ (学名:Myrciaria cauliflora、英語: Jabuticaba) はフトモモ科の常緑高木。名称はブラジル先住民族トゥピの言葉で「亀のいる地」という意味。別名がいくつもあり、ブラジリアングレープツリー、ジャブチカバ、ジャボチカ、グアペルー、ヒバプルー、イバプルー、サバラなどと呼ばれる。果物として食用に栽培され、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビアなどを原産地とする。

幼木期の葉はサーモン色で、成長するにつれて緑に変化していく。成長は非常に遅く、湿度と弱酸性の土壌を好むが、水の管理をきちんと行えばアルカリ性の強い砂浜近くにも適応する。樹高は品種によってまちまちだが、野生のものは15mほどになる。
白色の花は幹に直接開花し、結実するのが大きな特徴で、キブドウ属の名称由来にもなっている。果実は直径3-4cmで1-4個の種子を含む。濃紫色のやや厚い果皮を持ち、果肉は白色もしくはピンク色をしている。好んで生食され、ブラジルの市場では常に一般的に売られている。果実は日持ちしない為、ゼリー、ジャム、ジュース、ワイン、リキュール等への加工も盛んである。熱帯では四季成りの性質を持ち、時期を選ばずに収穫出来る。

ブラジルでは消費が多く、盛んに経済栽培が行われている。また、カリブ海諸国で広く栽培されている他、アメリカ・テキサス州、カリフォルニア州などでも栽培される。カリフォルニアに持ち込まれたのは100年以上も前で、かなり涼しいサンフランシスコ周辺での露地栽培の記録もある。日本では沖縄県や鹿児島県などで少量の栽培が行われている。
同じキブドウ属にカムカム、ホワイト・ジャボチカバ、ブルー・グレープなどの果樹があるが、カムカム以外は日本ではほとんど知られていない。
乾燥した果皮を煎じて喀血、喘息、下痢、扁桃腺肥大の治療薬として伝統的に使われている。後に抗酸化成分、抗炎症成分、抗癌性成分が果実から分離された。
ブラジル・ミナスジェライス州コンタジェンの市章や市旗にデザインされている。
植木鉢で育てやすいこともあり、熱帯地域では盆栽に広く使用され、特に台湾やカリブ海諸国で人気がある。(ウイキペディア)

1粒5万円!80グラムの特大イチゴ「美人姫」

itigo_
51544cd5-35d5-4470-a074-da04381b8936
syosai_setumei1_2


 羽島市正木町三ツ柳の農業奥田美貴夫さん(57)のビニールハウスで、イチゴが収穫期を迎えている。クリスマスと正月に向けて全国から注文が増えており、年末まで出荷に追われそうだという。

 栽培しているのは、県ブランド「濃姫」を改良した「美人姫」。奥田さんが2年前に開発した。濃姫は大きな3Lサイズで1粒の重さは約30グラムだが、美人姫は最小クラスでも45グラム、特大なら80グラム以上になるという。これほど大きいのは収穫された全体の3%ほどで、1粒5万円の値がつく。

 17日は、午前9時から従業員ら5人が約800個を収穫。昼すぎからサイズごとにイチゴを箱詰めした。今夏は暑く花芽が出にくかったため、収穫が例年よりも10日ほど遅れたが、「甘みは十分だ」という。

 奥田さんは年間約5万個の美人姫を出荷しており、このうちの3割の出荷が年内に集中するという。イチゴはインターネット(http://bijinhime.jp/)などで販売している。(asahi.com)2010年12月20日14時20分

和歌山で1本の茎に実が四つ付いた「四つ子」のユズを収穫

2216461


 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の吉本よね子さん(72)が、1本の茎に実が四つ付いた「四つ子」のユズを収穫し、近所の話題になった。

 吉本さんは自宅近くの畑でユズを栽培。自家製のポン酢や柚餅子(ゆべし)を作るなどして知人らにお裾分けしている。

 四つの実は、いずれも直径6センチほど。吉本さんは「何十年とユズを栽培しているが、こんなのは初めて。四つ葉のクローバーを見つけたときのように、幸せな気持ちになった」と話している。(2011年11月22日更新)紀伊民報

山形で四つ子のサクランボ見つかる

img_2011062300330


 寒河江市の三泉観光さくらんぼ組合副組合長の土田庸次郎さん(72)=同市道生=が“四つ子”のサクランボを収穫した。「四つ葉のクローバーのように幸運を呼ぶのでは」と話題になっている。

 21日早朝、自宅近くの畑で露地物の佐藤錦の収穫中に見つけた。双子果は前年の猛暑などの影響で発生するとされるが、一大産地として知られる三泉地区の生産者たちは「こんなに粒がそろった四つ子は初めて見た」と驚く。

 同組合は早速、四つ子を“縁起物”と位置付け、管内の観光果樹園で見つけた人にはサクランボ500グラムをプレゼントすることを決めた。土田さんは「今年はあちこちで三つ子が見つかっており、四つ子もありそう。幸運を呼ぶかもしれないサクランボを探しに三泉に来ませんか」とPRしている。2011年06月23日(山形新聞)

直径は3-4センチ!珍しいミニチュアサイズのメロン

46be962f.jpg
4ae11863.jpg
9a8b4323.jpg
5e2ab122.jpg
8b9e12f2.jpg

これは珍しいミニチュアサイズのメロンです。Pepquino melonといいます。南アメリカ原産らしく、とっても古い品種らしいです。直径は3-4センチ。遺伝子的にも本家メロンさんと酷似してるらしい。お味はキュウリにレモンの酸っぱさを加えた感じだとか。そのままスナック感覚で食べるのはもちろん、サラダや炒め物、またはシャーベットにも。ときにピクルスの代用品としても利用できます。


お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ