柑橘類

まるで円グラフの様なカラーリングのミカン香川で見つかる

img_news

 香川県坂出市青海町の小原紅早生(わせ)の栽培畑で、小原紅と先祖の宮川早生の2種類の遺伝子を持つミカンが見つかった。皮の色が、小原紅特有の赤色と宮川の黄色にくっきり4分割されているのが特徴。関係者の間でも「まるで円グラフ。見たことない」などと話題となり、坂出市役所1階ロビーで9日ごろまで展示することとなった。

 小原紅早生は、宮川早生の枝変わり(突然変異)で誕生。1993年に品種登録され、同市を中心に栽培されている。

 見つかったのは品治秀直さん(73)の畑。今月2日、地元園児を招いた収穫体験の際、同行した市職員が気付いた。

 栽培歴15年の品治さんは「小原紅の皮に黄色や緑の筋が入ることはあるが、きれいに4分割されたケースは本当に珍しい」と驚いた様子。こうしたミカンは規格外とされ、市場に出回ることはまずないが、「味は小原紅と同様で甘くておいしい。商品に混入していたら、見た目と味の両方を楽しんで」と話していた。

 県府中果樹研究所によると、小原紅早生は遺伝子として安定しているが、まれに先祖の遺伝子が部分的に入ることがあるという。2011/12/07(四国新聞社)

済州道産の「ハートの形をしたミカン」が、ソウル現代百貨店に初めて登場

1f01492e.jpg

済州道(チェジュド)産の「ハートの形をしたミカン」が、ソウル現代(ヒョンデ)百貨店・狎鴎亭(アプグジョン)本店に初めて登場した。すっぱい味をおさえ、糖度が高いのが特徴。表に「サラン(愛)」との文字と小さなハートの形が刻み込まれている。2005.11.07(中央日報)


串本町の重畳山のミカン農園で、ハート形のポンカンが実る

d1b65013.jpg

 串本町の重畳山のミカン農園で、ハート形のポンカンが実った。

 摘果作業中に見つけた同町姫の竹田由紀子さん(53)は「少し変形したのは見たことがあるが、こんなきれいなハート形は初めて。なんだか幸せな気分」と喜んでいる。(2008年11月05日更新)紀伊民報




皮の色がオレンジと緑に真っ二つに分かれた 温州ミカン

69d50495.jpg

田辺市上秋津のミカン園で皮の色がオレンジと緑に真っ二つに分かれた温州ミカンが1個見つかった。

 このミカンは田辺市上秋津の農業、谷口浩司さん(47)が出荷用に栽培したものの一つ。西牟婁振興局農業振興課によると、これは「キメラ」と呼ばれる現象。遺伝子の突然変異によって起こるという。

 谷口さんは「部分的に色が分かれることはたまにあり、このように真っ二つに分かれて色づくことも過去に何度かあった」と話している。スイカのような模様になることもあるという。(紀伊民報)



お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ