海水魚

インドネシアで新種の熱帯魚「パラセイリヌス・レニア」見つかる

2013-11-15-01-02-13_1

 米環境保護団体のコンサベーション・インターナショナル(CI)は13日、東ヌサトゥンガラ州で新種のベラ科の熱帯魚を発見したと明らかにした。発見が同州の新たな観光資源の一つとして、観光客誘致の助けになると期待されている。
 発見された魚は「パラセイリヌス・レニア」と名付けられた。鮮やかなオレンジ色と、丸みを帯びたヒレが特徴。
 フローレス島の南西と、コモド国立公園に指定された島々近海のサンゴ礁のみに生息する。東部インドネシアやフィリピン、東ティモールなどの海域で構成される「コーラル・トライアングル」に生息する他のどのベラとも遺伝的に異なるという。
 ベラの仲間の多くは、オスがメスに求愛する際に青や赤の蛍光色を発するものがいるため、それを見に来るダイバーも多い。蛍光色は通常、日没前の約1時間にしかあらわれないという。 
 CI本部と、CIインドネシア支部とインドネシア・米国の大学4校が共同で立ち上げたインドネシア多様性研究センターに所属する研究者らが発見した。(2013年11月15日)じゃかるた新聞

インドネシア東部の沖合で海底を歩いて移動する新種のサメが見つかる

image_for_msafari


ひれを小さな足のように使って海底を移動する新種のサメが、インドネシア東部の沖合で見つかった。環境保護団体コンサベーション・インターナショナル(Conservation International)が30日、発表した。

 同団体の科学者らによると、茶と白色のこのサメはイヌザメの一種で、夜に海底をひれで押しながら進み、餌となる小魚や甲殻類を探す。体長は最大で80センチにしかならず、人間に危害を加えることはないという。ニューギニア(New Guinea)島の西に浮かぶマルク諸島(Maluku Islands)の一つ、ハルマヘラ(Halmahera)島沖で発見された。

 イヌザメは「ロングテール・カーペット・シャーク」としても知られており、他の近縁種と比べ小型で、成魚でも体長は約120センチにしかならない。尻尾は非常に長く、体長の大半を占める。インドネシア、オーストラリア、パプアニューギニア周辺の熱帯海域に生息している。2013年8月31日(AFP)

体重233kg野生のゴリラよりも重い巨大な「オヒョウ」ノルウェーで釣れる

nvRcyJM

ドイツ人の釣り師が、ノルウェー沖で体重233kg、体長2.6mを超える巨大なオヒョウを釣り上げた。野生のゴリラよりも重い。オヒョウとは、オホーツク海や大西洋など冷たい海域に生息する、カレイに似た大型の魚だ。

前代未聞の大物を見事キャッチしたのは、ドイツ人のMarco Liebenowさん。最初に魚が針にかかったときは、そのあまりの巨大さに、「潜水艦でも釣り上げたのかと思ったほどの手ごたえだった」と思ったそうだ。4人がかりで約90分間格闘した末、ようやく巨大魚を水面までたぐり寄せることができたという。

だが、Marcoさんらが搭乗していた漁船は、体長2.6mのモンスターを乗せるには小さすぎた。しかたなく一同はオヒョウのその尾の周りにロープを巻き付け、港まで引っ張っていったそうだ。

今回Marcoさんが釣った233kgのオヒョウは、「国際ゲームフィッシュ協会(IGFA)」により世界一と記録されている190kgを大幅に上回っている。現在は、IGFAからの正式な認定を待っている状態だ。報道によると、Marcoさんはこの巨大魚を地元の魚業者に寄付したという。(2013/8/19)デイリーメール

福岡で目が本来とは逆の左側に寄った「左カレイ」見つかる

20130311-946252-1-L

 福岡県福津市の日本料理店「花靖はなしょう」で、目が本来とは逆の左側に寄った“左カレイ”が見つかった。

 経営する本松渥美さん(66)は「魚を扱って50年になるが、初めて」と驚いている。

 「左ヒラメに右カレイ」といわれるように、カレイは本来、体の中央の軸に対して右側に目が寄っている。同店で見つかった左カレイは8日に福岡市の市場で仕入れたキツネガレイで、体長約30センチ。玄界灘で水揚げされたとみられる。板前が包丁を入れようとして違いに気づいた。

 カレイもヒラメも誕生時は左右対称の形をしているが、成長するにつれ、目がそれぞれ右と左に寄ってくる。今回見つかった左カレイについて、福岡市の水族館「マリンワールド海の中道」の担当者は「遺伝子の働きに何らかの変化があったのではないか」と話す。(2013年3月12日読売新聞)

大型の海洋生物・船などに付着して生活する「コバンザメ」

047581F000009W000014
Echeneis_naucrates
remora

コバンザメ (Echeneis naucrates) はコバンザメ科に属する魚類の一種。

最大で110 cm・2300 gになるが、通常は70 cm程度。体長は体高の8-14倍程度。背鰭は32-42軟条、臀鰭は29-41軟条。吸盤には18-28枚の隔板がある。

体側には太い黒線と、その上下を走る細い白線がある。

全世界の熱帯・亜熱帯域に分布し、これらの海域で最もよく見られるコバンザメ類である。生息深度は20-50 m。大型の海洋生物・船などに付着して生活するが、サンゴ礁の沿岸では単独で見られることも多い。

幼魚はサンゴ礁域で掃除魚として生活することもある。(ウイキペディア)

頭はエイで体がサメでもエイの仲間「シノノメサカタザメ」

Shark-Ray4-500px
BowmouthGuitarfish004
a0013160_21585259
6281684886_b1002c8b7b_z
4f7cdbb74ac8f_644x419

シノノメサカタザメ (東雲坂田鮫、Rhina ancylostoma) は、ガンギエイ目シノノメサカタザメ科に属するエイ。1科1属1種。暖かい海の沿岸に生息する大型のエイで、全長3mになる。

外見や泳ぎ方はサメのようであり、和名も「-ザメ」とつくことから、サメの仲間と間違われやすい。英名では、Bowmouth guitarfish("Bowmouth"=弓状の吻、"Guitarfish"=サカタザメの仲間)やShark ray(サメのようなエイといった意)、Mud skate(泥質の海底を好むことから。"Skate"=ガンギエイ型のエイ)といった呼び名がある。

インド洋・西太平洋の熱帯から温帯海域に広く分布する。生息水深帯は3-90m。沿岸性で、サンゴ礁や砂泥質の海底付近を好む。

最大で全長300cm、体重135.0kgに達する。エイとサメの中間のような体型だが、鰓裂が腹面にあることからエイの仲間であることが分かる。背側の体色は青みがかった灰色か褐色で、白色の斑模様がある。腹側は白色。幼魚では斑模様がより顕著で、両目の間に暗色帯が複数本ある。吻は扁平で丸い。両目の上と、目の後ろから背中にかけて鋸状の隆起がある。2基の背鰭はいずれも背が高く、後縁は湾入している。尾鰭は鎌状で、上葉・下葉がはっきりしている。

沿岸に生息するエイの一種だが、砂に潜ったり海底で休んだりする姿はほとんど見られず、常に海底付近を活発に遊泳する。他の多くのエイ類とは異なり、発達した尾鰭を左右に振って推進力を得る。

底生性の甲殻類や貝類、硬骨魚類を捕食する。胎生。雄は150-175cmで成熟する。
東南アジアなどでは漁業の対象になる。さまざまな漁網で混獲される。肉は食用になり、大型個体の鰭は高値で取引される。ダイナマイトを用いた漁、サンゴの白化、森林伐採により引き起こされるシルテーションなどで生息環境が破壊され、数は減少している。

日本では数は少なく、漁業の対象にはならない。まれに網にかかったものを水族館が引き取る場合がある。飼育環境下でも長期間生存し、大型水槽を備えた各地の水族館で展示している。(ウイキペディア)

和歌山の日本料理店の水槽で飼われる人慣れしたクエ「はなこ」

a28977d6

 和歌山県田辺市新庄町の日本料理店「海鮮問屋丸長田辺店」で、人慣れしたクエが、来店客の人気を呼んでいる。おとなしい性格で、体を優しくなでると気持ちよさそうに口を開け、愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 名前は「はなこ」。体長は約70センチ、重さは約7キロ。2005年12月ごろ、みなべ町で捕獲された。食材として仕入れたが、たまたま調理されずに残った。ほかのクエは人影が見えると逃げてしまうが、はなこは当初から人慣れしていて「このまま飼おう」となった。

 店内の中央にある、食材の魚介類を生かしておくための水槽で飼われている。イセエビを入れた金網箱の上で、背びれを水面から出したまま、じっとしているのがお気に入り。定位置から動かないため、来店客から「置物ですか」と質問されることも多いという。

 昨年10月ごろに仕入れたアカハタ(約30センチ)と仲良しで、寄り添って泳ぐ姿も見られる。

 女将の清水敦子さん(47)は「口に指を入れて『歯磨き』もできる。とてもかわいく、癒やされる。クエはこの地方の名物だが、触れるところはなかなかないと思う」と話している。(2013年02月02日)紀伊日報

胴体はマグロでも顔はシイラ!珍魚「アマシイラ」

Louvar on dock
Luimp_u0
Figura_1
d0113817_22201

アマシイラ、(甘鱪、甘鱰)学名 Luvarus imperialis は、スズキ目・ニザダイ亜目・アマシイラ科に分類される魚の一種。暖海・外洋性の大型魚で、稀に漁獲される。

突出した額と体型は和名通りシイラ、尾柄隆起線はサバ科やサメ類、生活様式はマンボウ類・マグロ類・カジキ類に似るが、分類上はニザダイやアイゴに近縁のニザダイ亜目とされている。アマシイラ科の魚は古第三紀の化石種が知られるが、現生種は1種のみでアマシイラ科・アマシイラ属に分類される(単型)。

成魚は全長2mに達する大型魚である。額が突出し、目・鼻・口は頭部の下方に偏る。口は小さく歯もないが、前に少し伸ばすことができる。胸鰭は鎌形、尾鰭は大きな三日月形で、尾柄には1本の大きな尾柄隆起線がある。一方、腹鰭は左右の棘条が融合し1本の短い棘になり、背鰭と尻鰭は低い。体表・鰭・肉はピンク色をしている。

全世界の温暖な外洋域に分布し、表層・中層を単独で遊泳する。食性は肉食性で、クラゲ・サルパ・小型甲殻類・頭足類・小魚など遊泳性の小動物を幅広く捕食する。胃腸の内壁には多数のひだがあり、腸は長い。

晩春から初夏にかけて産卵する。孵化直後の仔魚は頭部が大きく、背鰭と腹鰭に長い棘条が発達していて、成魚とは著しく異なった体型をしている。稚魚期には一時的に背鰭・尻鰭も広くなるが、成長につれて背鰭・腹鰭・尻鰭が縮小し、頭部が体に比して小さくなる。

本種を特に狙う漁法はなく、流し網や延縄でマグロ類、カジキ類に混じって漁獲される。肉質はメカジキに似て、ステーキや照り焼きなどに向く。(ウイキペディア)



三重ホテル「はな屋」で刺身にならないでペットになった天然マダイ

1267012718_photo


 近鉄賢島駅前に立地し、真珠いかだ浮かぶリアス式海岸の英虞湾に面して立つ賢島ファミリーホテル「はな屋」(志摩市阿児町神明、TEL 0599-46-1020)の水槽に、「刺身にならないでペットになった」天然マダイが元気よく泳いでいる。

 同ホテル2階の和食堂「あじさい」は、伊勢志摩の新鮮な魚介類をメーンとした料理を提供し、地元客のみならず日帰りの観光客などを取り込み人気を集めている。中でも地元安乗(あのり)漁港で揚がる天然の「あのりふぐ」を食べるために、大阪や名古屋から毎年客が訪れるという。

 「刺身にならないでペットになった」天然マダイは、昨年5月に刺身など料理にするために数匹仕入れたもののうちの1匹で、同ホテルの海水を引き込んだ水槽の中で生かしていた。次々と「仲間」が「刺身」になっていく中、最後まで生き延びたのが話題のタイ。ある時、同ホテルの西飯愛さんがタイに餌を与えたところ、水面に顔を出し直接口で食べたことをきっかけに、愛さんが水槽の近くに行く度に察知して水面に顔を出すようになった。

 愛さんは「最初はわたしだけにしか反応しなかったが、最近は人影を見るだけで誰にでも顔を出すようになってきた。今では感情移入してしまって、もう刺身にはできない(笑)」と話す。

 愛さんの父で同ホテルオーナーの西飯弘さんは「14年前にツバス(ブリの子ども)を水槽に入れていたら、このタイのように水面から顔を出して直接餌を食べるようになった。その時は、約2年間生き続け、大きなブリになってしまい、これ以上「飼う」には倍の水槽がいると判断し、(別れは辛かったが)仕方なく海に逃がした。逃がした直後、海面からジャンプし、『ありがとう』と言ったように思った。きっと魚にも感情があるに違いない(笑)」とほほ笑む。

 同ホテルのチェックインは15時、チェックインは10時。「あじさい」の営業時間は11時30分~19時。(2010年02月24日 伊勢志摩経済新聞)

体長3m体重200kgにもなる、海のギャング「オヒョウ」

article-1290541799964-0C332AEB000005DC-642387_636x947
450big_halibut_akand101l
halibut_255lb
halibutcompbob
kveite800_ok


オヒョウ(大鮃、英語名 Halibut)(ハリバット)は、カレイ目カレイ科オヒョウ属の海水魚である。カレイに似た大型の魚である。

世界には複数の種が存在し、日本の北洋からオホーツク海、大西洋、ベーリング海、北極海などの冷たい海の水深400mから2000m付近の大陸棚に生息する。日本近海では東北地方以北の各地と日本海北部に、タイヘイヨウオヒョウ Hippoglossus stenolepisが生息している。

全長は1-2m以上で大きいものは3mを超え、体重は200kgに達する。但しこのサイズになる大物はメスであり、オスは大きくてもメスの1/3程度の大きさにしかならない。目のある側は暗褐色で、反対側は白色。

身体には脂肪が少なく筋肉量が多いので、大きさとあいまって暴れると非常に危険であり、死人が出た例もある。そのため、釣りあげる前に息の根をあらかじめ止める必要があり、散弾銃が用いられる事もある。

その筋肉組織の多さ故に行動的であり、非常に貪欲で動くものに積極的に襲いかかって食べる習性があるので、北海の海のギャングともいわれている。

身は良くしまった白身で、脂肪が少なく淡白な味わいがある。
刺身で食べられるほか、ムニエルやフライなどでも食べられる。フィッシュ・アンド・チップスはイギリスを代表する庶民料理として人気がある。日本では大味と言われ、カレイと比べてあまり高く評価されていないため、比較的安い市場価格で流通している。

回転寿司ではエンガワとして提供されることも多い。
ビタミンAおよびビタミンDが豊富で、肝臓からは肝油がとられる。

英語でオヒョウはhalibut(ハリバット)であるが、halibutにはカラスガレイ属のグリーンランドハリバット Reinhardtius hippoglossoides(和名標準:カラスガレイ)や、ヒラメ科ヒラメ属のカリフォルニアハリバット Paralichthys californicus など、オヒョウ属でない魚も含まれている。Halibutはカレイ目の大型魚に幅広く付けられた呼称である。

お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ