深海魚

モロコとも呼ばれる伝説の超大型深海魚「イシナギ」

P8014429
P5145007
DSCF9177_convert_20110201175900
721


イシナギ Stereolepis doederleini(石投 英名:Striped Jewfish)はスズキ目スズキ科に属する海水魚。モロコとも呼ばれるが、ハタ科のクエもモロコと呼ばれることがあり、混同しやすい。
体長2mに達する。近縁で日本海やカリフォルニアに生息するコクチイシナギ S. gigasと区別するため、S. doederleiniにオオクチイシナギという名をあてている図鑑もあるが、一般的にイシナギといえばオオクチイシナギを指す。
日本ではオオクチイシナギが北海道から高知県など南日本、石川県の深さ400~500mの岩礁域に分布するが、とくに北海道に多い。産卵期には、150m程度の深さまで上がってくる。
大物釣りの対象魚として人気が高い。5~6月の産卵期には水深150m程度のところに上がってくるため、この時を狙う。
日本では古くから利用され、神奈川県小田原市の羽根尾遺跡では縄文時代前期の遺体が出土しており、山梨県南巨摩郡富士川町の鰍沢河岸跡では明治期のマグロ・イルカ類やアブラボウズとともにイシナギの遺体が出土しており、伊豆や三浦半島では漁獲されており、専門漁法も存在していた。

肉は美味であり、刺身、フライ、煮付けなどで食べる。しかし、肝臓には大量のビタミンAが含まれている為、摂食により急性のビタミンA過剰症(食中毒)をおこすおそれがある。食後30分~12時間程度で発症し、症状は、「激しい頭痛、嘔吐、発熱」等。従って、食品衛生法により食用禁止措置がとられている。(ウイキペディア)

水深1200mまでの深海に暮らす深海覚鮫「ニシオンデンザメ」

無題
Somniosus_microcephalus_okeanos
large_shark_week_blu-ray10
28-greenland-sharks-blueworldtv-1wi2udr

ニシオンデンザメ(西隠田鮫、学名:Somniosus microcephalus、英名:Greenland Shark)はツノザメ目オンデンザメ科に属するサメの1種。

北大西洋全域と、沿岸沖の大陸棚地帯に生息。英名が示すように、グリーンランド近辺の海域にも分布。

緯度が北の低水温の海水であれば、浅い海域にも浮上してくる。

イッカクと共に描かれたニシオンデンザメ。目に付いた寄生虫も紹介されている。
ツノザメ目の最大種で、最大体長7.3メートルにもなる。体色は灰色。近縁種のオンデンザメと同じに深海性だが、エサを求めて浅海に上がってくる。

顎の歯は上顎に付いている歯がやや突き出て、下顎の歯がやや小さくなっている。吻部はやや前方に突き出る。体型はやや太めで横幅がある。

体の大きさに比べて、鰭と目はやや小さい。目には寄生性のカイアシ類をぶら下げていることがよくある。

鰭が小さく、ズングリとした体型である。低温域に生息しているため筋収縮速度が遅く、泳ぐ速さは時速1km程度と、サメ類に限らず大型魚類の中でも極端に遅く[1]、「世界一のろい魚」とされる[2]。一方で、食性は非常に多彩で、サケ、マスなどの魚類や底生性動物を主に捕食するが、大型の個体となると、アザラシをも襲うようになることが胃の内容物から判明している。動きが遅いため積極的に獲物を追うのではなく、待ち伏せや不意討ちといった手段を使うと見られる。

貪欲で、エサになりそうなものであれば、何でも口に入れるようで、胃の中からトナカイの姿や、ホッキョクグマの骨が見つかった事もある。しかし、死亡して、漂流していた個体を食べた可能性も指摘される。

船員の長靴や、海に沈んだ人間の遺体まで胃の中で発見された例もある。

熟成中のハウカットル(ハカール)。本種やウバザメの肉をこのように発酵熟成させて作る。
体が大きく、その貪欲な食性のため潜在的に危険なサメとされるが[3]、人の泳げない低温海水域に分布しているので、直接害に及ぶことは無いとされる。

本種は肉に毒 (トリメチルアミン-N-オキシド) があって、焼いて毒抜きしないと食べられないと言われるが、肝臓は肝油などに利用され、アイスランドでは発酵食品ハウカットル Hákarl の素材にもなるため、北極海近辺では年間3万頭あまりが捕獲されている。

北方系原住民の人々は古くから本種を利用しており、疑似餌を丈夫なロープにくくりつけ、氷の下に巻き、そこで誘い出された本種を捕獲していた。(ウイキペディア)

オホーツク海沿岸で深海魚「リュウグウノツカイ」初確認

xxx

宗谷管内枝幸町沖の秋サケ定置網に、深海魚リュウグウノツカイがかかっているのが見つかった。北大水産科学館(函館)によると、オホーツク海沿岸で初の確認例といい、同館の河合俊郎助教は「地球温暖化の影響と考えられる」と話している。

 2日、同町問牧の沖2・9キロで水深22メートルから引き上げた網から、同町内の漁業清水定幸さん(48)が発見した。うろこがなく銀白色で、体長約170センチと細長く平ら。大きな目や長いヒレが特徴だ。

 外洋の深海にすむリュウグウノツカイは網に掛かるのもまれ。道内では道南で確認例があるが、今回は対馬暖流の末流の宗谷暖流に乗り日本海を北上、宗谷海峡を越えオホーツク海に達したとみられる。<北海道新聞10月8日朝刊掲載>

米カリフォルニア州オーシャンサイドで体長4.3メートルのリュウグウノツカイ見つかる

rearfish

米カリフォルニア州南部の沿岸で、巨大な深海魚リュウグウノツカイの死骸が相次いで見つかり、専門家が首をひねっている。
リュウグウノツカイは海底約1000メートルの深海に生息し、生きている姿も死骸も人の目に触れることは極めてまれ。ところが地元警察によると、18日午後、同州オーシャンサイドの海岸に、体長約4.3メートルの死骸が漂着しているのが見つかった。
CNN系列局KGTVによれば、発見者は海岸に遠足に来ていた小学3年生のグループだという。
この5日前には同州のカタリナ島沖でスノーケリングしていた海洋科学インストラクターが、水深約4.5メートルの海底付近で体長約5.5メートルのリュウグウノツカイの死骸を見つけたばかりだった。
オーシャンサイドに漂着したリュウグウノツカイは米海洋大気局(NOAA)の専門家が調べており、NOAA海洋漁業局のスザンヌ・コヒン氏はKGTVに対し、「カリフォルニア州南部で、しかも水面で見つかるのは非常に珍しい」「最初の1匹でさえ珍しいと思っていたのに、続いて2匹目が見つかったという話はこれまで聞いたことがない」と話している。(CNN)2013.10.22

米カリフォルニア州南部沖で体長約5.5mのリュウグウノツカイ見つかる

california-oarfish

米カリフォルニア州南部沖のサンタカタリナ島付近で13日夕、体長約5.5メートルもある巨大な深海魚リュウグウノツカイの死骸が見つかった。

同島の課外教育施設CIMIでインストラクターを務めるジャスミン・サンタナさんが水深約4.5メートルの海中で、海底の砂に横たわるリュウグウノツカイを発見した。「最初は少し怖かったけれど、リュウグウノツカイがおとなしい魚だということは知っていた」と話す。

サンタナさんは重さ180キロの死骸を岸まで運び、同僚らの手を借りて引き上げた。

リュウグウノツカイは深海にすむ魚で、生態はなぞに包まれている。この一匹がなぜ浅い海で見つかったのかも不明だが、自然死だったとみられる。CIMIは死骸の組織を一部採取して専門家に送り、骨格は保管して子どもたちの教育に活用する予定だという。(CNN)2013.10.16

深海魚リュウグウノツカイが北海道オホーツクで初確認される

ddddddddddd

宗谷管内枝幸町沖の秋サケ定置網に、深海魚リュウグウノツカイがかかっているのが見つかった。北大水産科学館(函館)によると、オホーツク海沿岸で初の確認例といい、同館の河合俊郎助教は「地球温暖化の影響と考えられる」と話している。

 2日、同町問牧の沖2・9キロで水深22メートルから引き上げた網から、同町内の漁業清水定幸さん(48)が発見した。うろこがなく銀白色で、体長約170センチと細長く平ら。大きな目や長いヒレが特徴だ。

 外洋の深海にすむリュウグウノツカイは網に掛かるのもまれ。道内では道南で確認例があるが、今回は対馬暖流の末流の宗谷暖流に乗り日本海を北上、宗谷海峡を越えオホーツク海に達したとみられる。北海道新聞(2013/10/8)

口や排泄器官などの開口部が無い「エルバワーム」見つかる

Olavius_m
Oalg7

エルバ島とはイタリア半島とコルシカ島(フランス領)の間に位置し、トスカーナ群島中最大の島である。
エルバ島の沖に住んでいる「エルバワーム」Elba wormは深海の生物と同様に太陽光を必要としない。
ワーム内共生細菌の一部が生産する一酸化炭素と硫化水素からのエネルギーを使用するため、
口や排泄器官などの開口部はない。
このガスは非常に有毒であるので、エネルギー源として一酸化炭素を使用することができ、
大量のタンパク質を有することが明らかになったときに研究者は非常に驚いていた。

越前松島水族館で生まれた深海魚「コンペイトウ」の赤ちゃん

05-2
mikuni7
recommend314-2

 福井県坂井市の越前松島水族館で、深海魚「コンペイトウ」の赤ちゃんの一般公開が始まった。体長はわずか1、2センチだが、水槽で元気に餌の小エビを追い掛けている。

 丸い体にイボのある外見が、砂糖菓子のコンペイトーに似ていることから名付けられた。腹部に吸盤があるのも特徴で、12センチぐらいまで成長する。

 日本海の水深300メートルでズワイガニと一緒に捕れた親魚が同館で産卵、昨年11月に約150匹の赤ちゃんが誕生した。水槽で繁殖が成功したのは全国初という。

 同館は「コンペイトウの生態は分からないことが多い。繁殖を機に解明したい」と話している。(2009/03/08)四国新聞社

珍しいミニサイズの深海魚「リュウグウノツカイ」が越前町で見つかる

PK2013080802100121_size0

 体長一・一九メートル、重さ六六○グラムという珍しいミニサイズの深海魚「リュウグウノツカイ」が越前町の米ノ海水浴場で見つかり、七日、坂井市三国町崎の越前松島水族館で氷漬けの状態で展示された。展示は一日限り。

 リュウグウノツカイは体が平たく全身が銀白色で、長い六本の背びれと腹びれが特徴。体長は三~五メートルにもなる。

 六日に海水浴で訪れていた岐阜県の中学生が海底で見つけ、同館に連絡した。既に死んでいたが、尾びれがない以外はほぼ完全な状態で、腹びれが二本あった。

 リュウグウノツカイは県内でも毎年打ち上げられるが、これだけ小さいのは「全国でも非常に珍しいサイズ」(同館職員)。さらに、発見されるのは一~三月の冬場で、真夏に見つかった例はないという。

一日限定の特別展示に、観光客は「入場したかいがあった」などと大喜び。子どもたちは氷漬けのリュウグウノツカイに「目が怖い」などと興味津々の様子だった。

 同館はホルマリン漬けの標本にし、一九八二(昭和五十七)年に三国町の海岸で見つかった個体の標本と一緒に展示する。(2013年8月8日)中日新聞

富山県朝日町沖合で深海魚「リュウグウノツカイ」定置網にかかる

sssssssssss

 体長10メートルを超えることもある珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が26日、新潟県境の富山県朝日町沖合で魚津漁協の定置網にかかり、魚津水族館(富山県魚津市三ヶ)に持ち込まれた。

 富山湾での確認は6個体目で、夏場に見つかったのは初めて。体長も推定1メートル50~1メートル80とこれまで発見されたものより小さく、極めて珍しいという。

 同館によると、リュウグウノツカイはウロコがない銀白色の平たい体で、長く赤い背びれが特徴。熱帯や亜熱帯の深海に生息すると推測されるが、生態は謎が多い。今回、持ち込まれた個体は頭部を含む約80センチで、発見時は生きていたが、捕獲後に死んだという。(2013年7月29日読売新聞)
お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ