01_m
top_m


「ミャウ大佐」と呼ばれるネコが、最も長い体毛をもつ家ネコとして、ギネスブックに登録された。長さは23cm。

2歳のヒマラヤネコ。自前のサイトとSNSのアカウントを持っており、フォロワーは200万人と、ネットの世界では既にスター。リア・ノーボスチが伝えた。

人気の秘密はふわふわの毛。風変わりな色と毛の様子から、なにやら恐ろしい、好戦的な感じを受ける。ゆえに大佐と名づけられた。

3人の獣医がそれぞれ独立して計測を行い、その後ギネスブックの専門家が確認した。結果、世界一毛の長いネコとして登録されることが決まった。9月版に掲載される。29.08.2013(ロシアの声)