sssssssssss

 体長10メートルを超えることもある珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が26日、新潟県境の富山県朝日町沖合で魚津漁協の定置網にかかり、魚津水族館(富山県魚津市三ヶ)に持ち込まれた。

 富山湾での確認は6個体目で、夏場に見つかったのは初めて。体長も推定1メートル50~1メートル80とこれまで発見されたものより小さく、極めて珍しいという。

 同館によると、リュウグウノツカイはウロコがない銀白色の平たい体で、長く赤い背びれが特徴。熱帯や亜熱帯の深海に生息すると推測されるが、生態は謎が多い。今回、持ち込まれた個体は頭部を含む約80センチで、発見時は生きていたが、捕獲後に死んだという。(2013年7月29日読売新聞)