images
4884400121_9c26cf9317_z
011-20120909melkbos-sandrainfrog
quiz_frogn2

ナマカフクラガエル(Breviceps namaquensis)は、1926年に南アフリカのポートノラスで発見された。(ポートノラスはダイヤモンドが発見された街としても有名である。)体はずんぐりむっくりとしていて、丸い形をしている。手足が極端に短いのが特徴的だ。背中の色は暗褐色であり、腹部は白色をしている。

乾燥した砂漠地帯に適応しているカエルである。ナマカフクラガエルは、後ろ足を使って砂を掘り、地面の下で生活している。

繁殖の際には、ナマカフクラガエルは地面の下から地上に出てくる。オスは地上で抱接するメスを探すのである。だが、ナマカフクラガエルの場合、通常の抱接は行なわれない。繁殖が行なわれるのは、すべて地下なのである。メスは地下で卵を産卵する。孵化した卵はオタマジャクシの段階を経ずに、直接発生して小ガエルになる。(カエル動画図鑑)