オホーツク海沿岸で深海魚「リュウグウノツカイ」初確認

xxx

宗谷管内枝幸町沖の秋サケ定置網に、深海魚リュウグウノツカイがかかっているのが見つかった。北大水産科学館(函館)によると、オホーツク海沿岸で初の確認例といい、同館の河合俊郎助教は「地球温暖化の影響と考えられる」と話している。

 2日、同町問牧の沖2・9キロで水深22メートルから引き上げた網から、同町内の漁業清水定幸さん(48)が発見した。うろこがなく銀白色で、体長約170センチと細長く平ら。大きな目や長いヒレが特徴だ。

 外洋の深海にすむリュウグウノツカイは網に掛かるのもまれ。道内では道南で確認例があるが、今回は対馬暖流の末流の宗谷暖流に乗り日本海を北上、宗谷海峡を越えオホーツク海に達したとみられる。<北海道新聞10月8日朝刊掲載>

超巨大な毛玉のようなウサギ「アンゴラウサギ」

a49dd7b6-s
cfe4b392-s
43c194c1-s
8ca8d042-s
5df97e74-s
1b7fbfce-s

その中心部をよ~く見ると……なんとそこには鼻と口らしきものがあるではありませんか! ひいい! なにコレ、地球外生命体かなにか!?

いえいえお嬢さん、海外サイト『Ritemail』によると、こちらは「アンゴラウサギ」というウサギの仲間。そうです、信じられないでしょうが、あの可愛らしいウサギたんの仲間なんですよぉ~! 

高級セーターやコートなどに、その”ふわっふわ”な毛が利用されていることで有名な、アンゴラウサギ。「アンゴラウール」と聞けば、ピンとくる方もいらっしゃるのでは?

気質はとても大人しく、人形のようにまったく動かない子も多いというアンゴラウサギたんだけに、その姿はまるで鏡モチのよう。というか、いくらなんでもまんまるすぎるでしょ、コレは。ねえねえキミたち、一体どこまでが毛で、どこからが体なの?

思わず触れたくなるモフモフ加減がたまらない、アンゴラウサギたん。可愛くもちょっぴり不気味なその姿に、目も心も奪われちゃうこと、必至ですわよ。2013年10月21日(エキサイトニュース)

米カリフォルニア州オーシャンサイドで体長4.3メートルのリュウグウノツカイ見つかる

rearfish

米カリフォルニア州南部の沿岸で、巨大な深海魚リュウグウノツカイの死骸が相次いで見つかり、専門家が首をひねっている。
リュウグウノツカイは海底約1000メートルの深海に生息し、生きている姿も死骸も人の目に触れることは極めてまれ。ところが地元警察によると、18日午後、同州オーシャンサイドの海岸に、体長約4.3メートルの死骸が漂着しているのが見つかった。
CNN系列局KGTVによれば、発見者は海岸に遠足に来ていた小学3年生のグループだという。
この5日前には同州のカタリナ島沖でスノーケリングしていた海洋科学インストラクターが、水深約4.5メートルの海底付近で体長約5.5メートルのリュウグウノツカイの死骸を見つけたばかりだった。
オーシャンサイドに漂着したリュウグウノツカイは米海洋大気局(NOAA)の専門家が調べており、NOAA海洋漁業局のスザンヌ・コヒン氏はKGTVに対し、「カリフォルニア州南部で、しかも水面で見つかるのは非常に珍しい」「最初の1匹でさえ珍しいと思っていたのに、続いて2匹目が見つかったという話はこれまで聞いたことがない」と話している。(CNN)2013.10.22

南米ガイアナで新種の電気魚「Zoologica Scripta」見つかる

111111111111

動物学の専門誌「Zoologica Scripta」は、新種の電気魚が南米ガイアナの川で発見されたと発表した。ハベリアナ大学(Javeriana University)で電気魚を研究し、同誌でこの発見を公表したハビエル・マルドナド(Javier Maldonado)氏によれば、体長約25センチのこの淡水魚は、頭蓋骨を含む骨格の形態に他の種との相違が見られるという。AFPBB News(2013年10月23日)

スカイブルーの珍しいキノコ「ソライロタケ」

sorairotake
sorairotake4
s0613sora2
s0612sora5
mvp1210sorairotake


ソライロタケ(空色茸、学名:Entoloma virescens)は、イッポンシメジ科イッポンシメジ属のキノコ。

ソライロタケは、青色の珍しいキノコ。キイボカサタケの近縁種と見られ、混ざって生えることもあるらしい。 肉は、傷つけると黄色に変色する。 夏~秋にかけて色々な広葉樹林の地上または杉林にも発生。1つ見つかると近くを探すと他にも生えていることが多い。 小型だが、青いキノコは珍しいので分かりやすい。 柄は、傘と同じ色で中空。ねじれている事もある。菌糸は黄色いらしい。

食用とする文献はなく、色も食べたくなるような色ではないので、基本的には食べない。 このきのこは食・毒不明。(ウイキペディア)

鳥取県の農家で雌の白いタヌキ1匹が箱わなにかかる

001

 鳥取県南部町東上の農業、奥山俊二さん(62)の牛舎で15日夜、雌の白いタヌキ1匹が箱わなに入っているのが見つかった。奥山さんは「過去にもタヌキは捕らえたが、白タヌキは初めて」とびっくり。殺すのは忍びないとして引き取ってくれる動物園を探している。

 タヌキを調べた町内在住の自然観察指導員、桐原真希さん(39)によると、色素の減少で体毛が白化した白変種で、まだ若いらしい。けがも見られず、体調も良好という。

 箱に入ったタヌキは尾を除いた体長が約40センチ。牛用の配合飼料を食べ、観念したようにうずくまっている。フンには柿の種があり、冬を控えて餌探しをしていたらしい。奥山さんは「我が家に幸せを運んでくれたのならうれしい」と話している。

 奥山さんは9日、牛舎に白いタヌキが入ってきたのを目撃、牛に病気を移されないよう捕獲のため箱わなを仕掛けていた。(毎日新聞)2013年10月16日

米カリフォルニア州南部沖で体長約5.5mのリュウグウノツカイ見つかる

california-oarfish

米カリフォルニア州南部沖のサンタカタリナ島付近で13日夕、体長約5.5メートルもある巨大な深海魚リュウグウノツカイの死骸が見つかった。

同島の課外教育施設CIMIでインストラクターを務めるジャスミン・サンタナさんが水深約4.5メートルの海中で、海底の砂に横たわるリュウグウノツカイを発見した。「最初は少し怖かったけれど、リュウグウノツカイがおとなしい魚だということは知っていた」と話す。

サンタナさんは重さ180キロの死骸を岸まで運び、同僚らの手を借りて引き上げた。

リュウグウノツカイは深海にすむ魚で、生態はなぞに包まれている。この一匹がなぜ浅い海で見つかったのかも不明だが、自然死だったとみられる。CIMIは死骸の組織を一部採取して専門家に送り、骨格は保管して子どもたちの教育に活用する予定だという。(CNN)2013.10.16

南米チリの首都サンチアゴでドラゴン出現!!映像にも記録!!

sss
111
222


 南米チリの首都サンチアゴで、大きな翼を持つ不気味な飛行生物が目撃され、映像にも記録されて騒然となっている。フライング・ヒューマノイドとする説や新種UMAだとする説を同国のメディアが報じている。

 9月29日、午後9時頃の出来事だったという。ブスタマンテ公園近くの繁華街上空に、奇妙な飛行生物が木から飛び立つ姿が地元住民に目撃された。その全長は大きく、2メートルほどはあったと推測されている。また、この謎の飛行生物はブスタマンテ公園周辺以外でも同時に目撃された。

「私は妻と、サンフランシスコ教会の塔に奇妙な生物がいるのを目撃しました。そこでは犬のようなものを食べていました。その形跡は残っているはずなので詳しく調査するべきでしょう」

 こう語るのは地元住民のシルビア氏で、その時に目撃した奇妙な飛行生物をスケッチで再現した。ここ数年、サンチアゴでは同様の目撃例が頻繁に報告されているというが、詳細はいっさい明らかになっていない。地元住民の不安は募るばかりだという。 2013年10月13日(日刊ナックルズ)

トトロに似ていることで有名な樹齢約千年の大樹「小杉の大杉」

Tree_of_Totoro
maxresdefault

樹齢約千年の大樹「小杉の大杉」映画「となりのトトロ」のトトロに似ていることでも有名。、樹齢700年、樹高20m、 根周り6.3m、枝張り17m。山形県鮭川村の天然記念物に指定されている巨木夫婦杉。縁結びの木、子宝の木とも言われパワースポットとしても知られる。根元には山神様が祭られている。

中国雲南省で直径1.38メートルの超巨大キノコ「モウコシメジ」が見つかる

imgout (1)
imgout

2013年9月30日、中国雲南省玉渓市易門県の荘園で野生の超巨大キノコが見つかった。地元ではすでに世界最大のキノコとして申請し、認定されたという。中国大手ポータルサイト・網易(NetEase)が伝えた。

この超巨大キノコは、直径1.38メートル、高さ0.97メートル、重さ82.8キロのモウコシメジ。あまりの大きさに1人で掘り起こすのは不可能なため、数人がかりの作業になった。記者が実際のキノコを見ると、たくさんのキノコが生えていたが根元は1つで繋がっていた。

鑑定によると、このキノコは食用可能で、お酒に漬けたものは糖尿病などの疾患に効果があるという。2013年9月30日 (レコードチャイナ)
お勧めショートカット
お気に入りに登録
スタートページにする
友達にに紹介する
アイコン
FaceBook
Twitter
RssFeed
免責事項
本ウェブサイトに掲載する内容・情報に関しては細心の注意を払っておりますが、その情報または、本ウェブサイトをご利用になることにより生じるいかなる損害、あるいはその可能性について一切の責任を負うものではありません。
著作権について
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
メールフォーム
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
amazon深海DVD
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事(画像付)
ツイッター
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ